>   故事成語   >   か行

故事成語:か行

骸骨を乞う
鎧袖一触
怪力乱神
偕老同穴
牆に耳あり
蝸牛角上の争い
格物致知
臥薪嘗胆
佳人薄命
合従連衡
刮目して相待つ
苛政は虎よりも猛し
河清を俟つ⇒百年河清を俟つ
瓜田に履を納れず
鼎の軽重を問う
寡は衆に敵せず⇒衆寡敵せず
禍福は糾える縄の如し
株を守って兎を待つ⇒守株
株を守る⇒守株
下問を恥じず
画竜点睛
夏炉冬扇
鰥寡孤独
汗牛充棟
邯鄲の歩み
管鮑の交わり
管を以て天を窺う
既往は咎めず
奇貨居くべし
危急存亡の秋
騎虎の勢い
疑心暗鬼を生ず
木に縁りて魚を求む
驥尾に付す
杞憂
九牛の一毛
牛首を懸けて馬肉を売る
牛耳を執る
九仞の功を一簣に虧く
窮すれば通ず
牛刀もて鶏を割く⇒鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん
曲学阿世
曲突徙薪
玉石混淆
居は必ず郷を択ぶ
居は気を移す
漁夫の利
漁父の利⇒漁夫の利
株を守る⇒守株
愚公山を移す
君子の交わりは淡きこと水の如し
君子は豹変す
鶏群の一鶴
鶏口となるも牛後となるなかれ
蛍雪の功
鶏鳴狗盗
逆鱗
拳拳服膺
乾坤一擲
賢にして財多ければ、則ち其の志を損ない……
犬馬の心
犬馬の養い
犬馬の労
黔驢の技
剣を落として舟を刻む
肯綮に中る
巧詐は拙誠に如かず
恒産なき者は恒心なし
後生畏る可し
浩然の気
功遂げ身退くは天の道なり
狡兎死して走狗烹らる
亢竜悔い有り
呉越同舟
国士無双
志ある者は事竟に成る
五十にして四十九年の非を知る
五十歩百歩
虎視眈眈
涸沢の蛇
琴柱に膠す
鼓腹撃壌
五里霧中
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ