>   故事成語   >   か行   >   完璧(十八史略)

完璧(十八史略)

完璧かんぺき(十八史略)
完璧而帰(へきまっとうしてかえる)
  • 出典:『十八史略』巻一・春秋戦国
  • 解釈:完全でまったく欠点のないこと。原義は、借りた物を傷つけず無事に返却すること。趙の恵文王が楚から入手した和氏かしへきという宝玉を秦の昭王が欲しがり、十五城と交換しようと申し込んできた。使者となったりんしょうじょが璧を持って秦に行った。しょうじょは秦の昭王が十五城を割譲する意思のないことを知り、その璧を無傷のまま趙に持ち帰ったという故事から。
  • 十八史略 … 7巻。元のそうせん撰。『史記』から『新五代史』までの十七の正史に、宋代の史書を加えて十八史とし、その概要を編年体でまとめたもの。史料的価値はほとんどないが、我が国では初学者のための入門書として広く読まれており、特に江戸時代には『論語』『唐詩選』とともに、初学者の必読書とされた。ウィキペディア【十八史略】参照。
  • 出典が『史記』のものは、「完璧(史記)」を参照。
趙惠文王嘗得楚和氏璧。
ちょう恵文王けいぶんおうかつ和氏かしへきたり。
  • 趙 … 戦国時代の国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【趙 (戦国)】参照。
  • 恵文王 … 戦国時代の趙の君主。在位前298~前266。名は。武霊王の子。恵王とも。秦の恵文王とは別人。ウィキペディア【恵文王 (趙)】参照。
  • 嘗 … 「かつて」と読み、「以前~した」と訳す。
  • 和氏璧 … 楚の国のべんが山中で発見したという宝玉。ウィキペディア【和氏の璧】参照。
秦昭王請以十五城易之。
しんしょうおうじゅうじょうもっこれえんことをう。
  • 秦 … 今の陝西せんせい省の地をあった国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【】参照。
  • 昭王 … 秦の君主。在位前306~前251。名は則。おくりな昭襄しょうじょう。父は恵文王(秦)。昭襄王とも。ウィキペディア【昭襄王 (秦)】参照。
  • 十五城 … 十五のじょう。「城」は城壁で囲まれた町。
  • 易 … 交換する。取り替える。
欲不與、畏秦強、欲與、恐見欺。
あたえざらんとほっすれば、しんつよきをおそれ、あたえんとほっすれば、あざむかるるをおそる。
  • 欲不与 … 与えないようにすれば。
  • 欲 … 「ほっす」と読み、「~したいと思う」「~したいと願う」と訳す。
  • 畏秦強 … 秦が強いのを恐れる。
  • 欲与 … 与えようにすれば。
  • 恐見欺 … だまされることを心配する。
  • 見 … 「る」「らる」と読み、「~される」と訳す。受身を表す。
藺相如曰、願奉璧往。
りんしょうじょわく、ねがわくはへきほうじてかん。
  • 藺相如 … 戦国時代の趙の名臣。生没年不詳。ウィキペディア【藺相如】参照。
  • 願 … 「ねがわくは~せん」と読み、「どうか~したい」と訳す。自らの願望の意を示す。
  • 奉璧 … 璧を両手でささげ持つ。
  • 往 … (秦へ使者として)行く。
城不入、則臣請完璧而歸。
しろらずんば、すなわしんへきまっとうしてかえらん、と。
  • 不入 … 手に入らない。
  • 不 … 「~ずんば」と読み、「もし~ないならば」と訳す。
  • 臣 … わたくし。臣下が君主に対してへりくだっていう自称のことば。
  • 請 … 君主にお願いする。
  • 完 … 傷つけることなく。無事に。
既至。
すでいたる。
  • 既 … 「すでに」と読み、「~した」「~したので」と訳す。動作の完了を表す。ちなみに「既而」は、「すでにして」と読み、「その後まもなく」と訳す。
  • 至 … 到着する。
秦王無意償城。
秦王しんおうしろつぐなうにし。
  • 償 … 代償として。
  • 意 … 意思。
相如乃紿取璧。
しょうじょすなわ紿あざむきてへきる。
  • 紿 … あざむく。だます。
怒髮指冠。
はつかんむりす。
  • 怒髪 … はげしい怒りで逆立った髪のこと。
  • 指冠 … 逆立った髪が冠を突き上げる。激怒した様子。
卻立柱下曰、臣頭與璧倶碎。
ちゅうきゃくりつしてわく、しんこうべへきともくだけん、と。
  • 柱下 … 柱の下。
  • 却立 … 後ろへさがって立つ。
  • 與(与) … 「と」と読み、「~と」と訳す。
  • 倶 … 「ともに」と読み、「そろって」「両方とも」と訳す。
遣從者懷璧、閒行先歸、身待命於秦。
じゅうしゃをしてへきいだきて、間行かんこうしてかえらしめ、めいしんつ。
  • 遣 … 「遣AB」の形で「AをしてB(せ)しむ」と読み、「AにBさせる」と訳す。使役の意を示す。
  • 従者 … お供の者。
  • 懐 … 大事に持たせる。
  • 間行 … 抜け道を通っていく。
  • 待命於秦 … 秦王からの沙汰を待った。
秦昭王賢而歸之。
しんしょうおうけんとしてこれかえらしむ。
  • 賢 … (相如を)賢者であるとして。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ