>   故事成語   >   か行   >   漁父の利

漁父の利

ぎょ
  • 出典:『戦国策』燕策
  • 解釈:両者が争っているすきに、第三者が利益を横取りすること。シギとドブ貝が争っているところへ年老いた漁師がやって来て、両方とも捕らえたという故事から。「漁父」の「父」は老人のこと。正しくは「ぎょほ」と読むが、一般的には「ぎょふ」と読まれており、また「漁夫の利」と書くことも多い。
  • 戦国策 … 33巻。漢の劉向りゅうきょう(前77~前6)の編。戦国時代の各国の出来事や、諸国を遊説ゆうぜいしたじゅうおう(ショウオウカとも)の策謀を国別に集めたもの。ウィキペディア【戦国策】参照。
趙且伐燕。
ちょうまさえんたんとす。
  • 趙 … 戦国時代の国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【趙 (戦国)】参照。
  • 且 … 「まさに~(せ)んとす」と読み、「~しようとする」と訳す。再読文字。
  • 燕 … 春秋・戦国時代の国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【燕 (春秋)】参照。
  • 伐 … 攻撃する。
蘇代爲燕謂惠王曰、
だいえんため恵王けいおういてわく、
  • 蘇代 … 戦国時代の遊説ゆうぜい。洛陽(河南省)の人。がっしょう(秦以外の六国りっこくの南北同盟)策を成立させた蘇秦の弟。
  • 恵王 … 戦国時代の趙の君主、恵文王のこと。在位前298~前266。名は。武霊王の子。ウィキペディア【恵文王 (趙)】参照。
  • 謂~曰 … 「~にいいていわく」と読み、「~に向かって言う」と訳す。
今者臣來過易水。
今者いましんたるとき易水えきすいぐ。
  • 今者 … いま。「者」の読みが省略されるので、二字で「いま」と読む。「者」は時を示す語に添える助字。「昔者むかし」なども同様。
  • 臣 … わたくし。臣下が君主に対してへりくだっていう自称のことば。ここでは蘇代を指す。
  • 易水 … 今の河北省を流れる川。上流は趙の、下流は燕の国を流れ、一部は両国の国境になっていた。
蚌方出曝。
ぼうまさでてさらす。
  • 蚌 … どぶ貝。からす貝。
  • 方 … 「まさに」と読み、「その時に」「~してはじめて」と訳す。
  • 曝 … 日にさらす。日光にあたる。日なたぼっこをする。
而鷸啄其肉。
しこうしていつにくついばむ。
  • 而 … 文頭にあるので「しかして」「しこうして」と読み、「すると」と訳す。順接の助字。
  • 鷸 … シギ。くちばしが細く長い。ウィキペディア【シギ科】参照。
  • 啄 … 鳥がくちばしでつついて食べる。
蚌合而箝其喙。
ぼうがっしてくちばしはさむ。
  • 合 … 貝殻を閉じること。
  • 喙 … くちばし。
  • 箝 … はさむ。ここでは、貝殻を閉じてはさむこと。
鷸曰、今日不雨、明日不雨、即有死蚌。
いつわく、今日こんにちあめふらず、明日みょうにちあめふらずんば、すなわぼうらん、と。
  • 即 … 「すなわち」と読み、「すぐに」「ただちに」と訳す。
  • 有死蚌 … 死んだどぶ貝ができてしまうぞ。
蚌亦謂鷸曰、今日不出、明日不出、即有死鷸。
ぼういついてわく、今日こんにちださず、明日みょうにちださずんば、すなわいつらん、と。
  • 亦 … 「(も)また~」と読み、「~もまた」「~も同様に」と訳す。
  • 謂~曰 … 「~にいいていわく」と読み、「~に向かって言う」と訳す。
  • 不出 … ここでは、くちばしが抜けないこと。
  • 有死鷸 … 死んだシギができてしまうぞ。
兩者不肯相舍。
りょうしゃあいつるをがえんぜず。
  • 相 … 「あい」と読み、「互いに~」と訳す。
  • 舎 … 離す。「捨」に同じ。
  • 不肯 … 「がえんぜず」と読み、「承知しない」と訳す。
漁者得而幷擒之。
漁者ぎょしゃこれあわとらう。
  • 漁者 … 漁師。
  • 得而 … 「えて~す」と読み、「~することができる」と訳す。
  • 之 … 「蚌」と「鷸」を指す。
  • 幷擒 … いっしょに捕らえた。「擒」は捕らえる。
今趙且伐燕。
いまちょうまさえんたんとす。
燕趙久相攻、以敝大衆。
えんちょうひさしくあいむれば、もっ大衆たいしゅうつかれしめん。
  • 以 … 「もって」と読み、「そのために」「それによって」と訳す。理由・条件を示す。
  • 敝 … 疲弊させる。「弊」と同じ。
臣恐強秦之爲漁父也。
しんきょうしんぎょらんことをおそるるなり。
  • 強秦 … 強国の秦。
願王之熟計之也。
ねがわくはおうこれじゅっけいせんことを、と。
  • 熟計 … 十分によく考える。
惠王曰、善。乃止。
恵王けいおうわく、し、と。すなわむ。
  • 善 … よろしい。なるほど。よくわかった。
  • 乃 … 「すなわち」と読み、「そこで」と訳す。
  • 止 … (燕を攻撃する計画を)中止した。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ