>   故事成語   >   か行   >   九仞の功を一簣に虧く

九仞の功を一簣に虧く

九仞きゅうじんこう一簣いっき
  • 出典:『書経』周書・旅獒りょごう
  • 解釈:長い間の苦労が、最後のところで失敗すること。高い山を築くのに、最後のモッコ一杯の土を欠けば完成しないことから。
嗚呼、夙夜罔或不勤。不矜細行、終累大德。爲山九仞、功虧一簣
嗚呼ああ夙夜しゅくやつとめざるかれ。細行さいこうつつしまざれば、つい大徳だいとくわずらわす。やまつくること九仞きゅうじんこういっく。
  • 夙夜 … 朝はやくから夜おそくまで。
  • 罔或不勤 … 勤めはげまないことがあるようではいけません。
  • 細行 … ささいな行い。
  • 九仞 … 非常に高いこと。「仞」は高さの単位で、一仞は七尺あるいは八尺。
  • 虧 … 欠ける。欠く。そこなう。
  • 一簣 … ひともっこの土。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ