>   故事成語   >   か行   >   杞憂

杞憂

ゆう
  • 出典:『れっ』天瑞
  • 解釈:取り越し苦労。の国の人が、天が落ちてこないかと心配したという故事から。
  • 列子 … 8巻。道家の思想書。戦国時代の道家の思想家、れつ禦寇ぎょこうの作といわれる。寓話が多く、独創性が低い。ウィキペディア【列子】参照。
杞國有人憂天地崩墜、身亡所寄、廢寢食者。
こくひとてん崩墜ほうついして、するところきをうれえ、しんしょくはいするものり。
  • 杞 … 周代の国名。今の河南省杞県にあった。ウィキペディア【杞】参照。
  • 崩墜 … 崩れ落ちる。
  • 身亡所寄 … 身の置き所がなくなること。
  • 亡 … ~がない。「無」と同じ。
  • 寝食 … 寝ることと食べること。
又有憂彼之所憂者。
またかれうれうるところあるをうれうるものり。
  • 憂 … 心配する。
  • 有憂彼之所憂者 … 彼が心配ごとをしているのを心配する者がいた。
因往曉之曰、
りてきてこれさとしてわく、
  • 因 … 「よりて」と読み、「そこで」と訳す。
  • 暁 … 諭す。
天積氣耳。
てん積気せっきのみ。
  • 積気 … 大気の集まり。
  • 耳 … 「~のみ」と読み、「~だけだ」と訳す。断定の意を示す。「而已のみ」に同じ。
亡處亡氣。
ところとしてきはし。
  • 亡処亡気 … どんな所にも大気のない所はない。
  • 亡~亡~ … 「~として~なきはなし」と読み、「~しないものはない」と訳す。二重否定。
若屈伸呼吸、終日在天中行止。
屈伸くっしんきゅうのごときは、しゅうじつてんちゅうりてこうするなり。
  • 屈伸 … 身体をかがめたり、伸ばしたりすること。
  • 天中 … 天の中心。天の中央。
  • 行止 … 行動する。
奈何憂崩墜乎。
奈何いかん崩墜ほうついうれえんや、と。
  • 奈何 … 「いかんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~だろうか、いや~ない」と訳す。
其人曰、天果積氣、日月星宿不當墜邪。
ひとわく、てんたしてせっならば、日月じつげつせい宿しゅくまさつべからざるか、と。
  • 果 … 「はたして」と読み、「思ったとおり」と訳す。
  • 日月 … 太陽や月。
  • 星宿 … 星。
  • 邪 … 「か」と読み、「~か」と訳す。疑問の意を示す。
曉之者曰、日月星宿亦積氣中之有光耀者。
これさとものわく、日月じつげつせい宿しゅくまたせっちゅう光耀こうようものなり。
  • 光耀 … 光り輝くこと。
只使墜、亦不能有所中傷。
只使たとつとも、また中傷ちゅうしょうするところあたわず、と。
  • 只使 … 二字で「たとい~とも」と読み、「たとえ~であっても」と訳す。仮定の意を示す。
  • 中傷 … 当たって怪我をする。
其人曰、奈地壞何。
ひとわく、くずるるを奈何いかんせん、と。
  • 奈~何 … 「~をいかんせん」と読み、「~をどうしようか」と訳す。疑問の意を示す。
曉者曰、地積塊耳。
さとものわく、積塊せっかいのみ。
  • 積塊 … 積み重なった土塊。
充塞四虚、亡處亡塊。
きょじゅうそくし、ところとしてかいきはし。
  • 四虚 … 四方の空間。
  • 充塞 … ぎっしりと詰まっていること。
  • 塊 … 土のかたまり。
  • 亡~亡~ … 「~として~なきはなし」と読み、「~しないものはない」と訳す。二重否定。
若躇歩跐蹈、終日在地上行止。
ちょとうのごときは、終日しゅうじつじょうりてこうす。
  • 躇歩跐蹈 … 足を地に踏みつけて歩く。「躇」「跐」「蹈」も、足で地を踏むの意。
  • 行止 … 行動する。
奈何憂其壞。
奈何いかんくずるるをうれえんや、と。
  • 奈何 … 「いかんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~だろうか、いや~ない」と訳す。
其人舍然大喜、曉之者亦舍然大喜。
ひと舎然せきぜんとしておおいによろこび、これさとものまた舎然せきぜんとしておおいによろこぶ。
  • 舎然 … 疑いがさっぱりと解けるさま。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ