>   故事成語   >   か行   >   彼を知り己を知れば百戦殆からず

彼を知り己を知れば百戦殆からず

かれおのれればひゃくせんあやうからず
  • 出典:『孫子』謀攻篇
  • 解釈:敵情(敵の様子)を知り、また自国の実情もよく知っていれば、何度戦っても負けることがない。ここでの「彼」は、敵の意。
  • 孫子 … 兵法書。十三編。春秋時代末期のそん著。成立年代は不詳。各編は(始)計・作戦・謀攻・(軍)形・(兵)勢・虚実・軍争・九変・行軍・地形・九地・火攻・用間からなる。兵法書の中では最も著名であり、我が国でも林羅山・荻生徂徠・新井白石・佐藤一斎・吉田松陰らによる注釈書がある。けい七書しちしょの一つ。ウィキペディア【孫子 (書物)】参照。
知彼知己者、百戰不殆
かれおのれれば、ひゃくせんあやうからず。
  • 知彼知己者 … 敵国の実情を知り、また自国の実情もよく知っていれば。
  • 百戦不殆 … 百回戦っても危ないことはない。
  • 殆 … 危ない。危険である。ここでは、戦いに負けること。
不知彼而知己、一勝一負。
かれらずしておのれれば、いっしょういっす。
  • 不知彼而知己 … 敵国の実情を知らず、自国の実情のみをよく知っていれば。
  • 一勝一負 … 勝ったり負けたりする。
不知彼不知己、毎戰必殆。
かれらずおのれらざれば、たたかごとかならあやうし。
  • 不知彼不知己 … 敵国の実情を知らず、自国の実情も知らなければ。
  • 毎戦必殆 … 戦うたびに必ず危なくなる。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ