>   故事成語   >   か行   >   犬馬の労

犬馬の労

犬馬けんばろう
  • 出典:『三国演義』三十八
  • 解釈:主君や他人のために精いっぱい力を尽くすこと。
孔明見其意甚誠、乃曰、將軍既不相棄、願效犬馬之勞
孔明こうめいはなはせいなるをて、すなわいわく、将軍しょうぐんすであいてず、ねがわくは犬馬けんばろういたさん、と。
  • 孔明 … 蜀の諸葛亮のあざな
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ