>   故事成語   >   か行   >   可もなく不可もなし

可もなく不可もなし

もなく不可ふかもなし
  • 出典:『論語』微子第十八8(ウィキソース「論語/微子第十八」参照)
  • 解釈:よくもなければ悪くもない、普通・平凡であること。また、あらかじめ良し悪しを決めず、臨機応変に自由自在な態度をとること。孔子が、はくしゅくせいなど七人の逸民(隠棲している賢者)を批評し、彼らと比べて自分の態度を表明した言葉。
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
我則異於是。無可無不可
われすなわこれことなり。不可ふかし。
  • 異於是 … この人々とは違う。「是」は、逸民(隠棲している賢者)を指す。
  • 無可無不可 … あらかじめ良し悪しを決めたりしない。一定のやり方にこだわらない。その時々の状況に従って生きていくだけの平凡な人間である。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「微子第十八8」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
論語の名言名句