>   故事成語   >   か行   >   拳拳服膺

拳拳服膺

拳拳けんけん服膺ふくよう
  • 出典:朱子『中庸章句』第八章
  • 解釈:常に胸中に銘記し、忘れないでいること。
子曰、囘之爲人也、擇乎中庸、得一善、則拳拳服膺、而弗失之矣。
いわく、かいひとりや、中庸ちゅうようえらび、一善いちぜんれば、すなわ拳拳けんけん服膺ふくようして、これうしなわず、と。
  • 回 … 孔子の第一の弟子、顔回。あざなは子淵。顔淵とも。
  • 為人 … 人柄。
  • 一善 … 一つの善い事。
  • 拳拳 … 両手で物をうやうやしくささげ持つ。
  • 服膺 … よく覚えていて忘れないようにすること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ