>   故事成語   >   か行   >   君子の交わりは淡きこと水のごとし

君子の交わりは淡きこと水のごとし

くんまじわりはあわきことみずのごとし
  • 出典:『荘子』山木
  • 解釈:君子の付き合いは水のように淡泊なので、その友情は永続きする。
  • 荘子 … 10巻33篇。戦国時代の思想書。内篇は荘周、外篇・雑篇は後学の著作と考えられている。成立年代不詳。『老子』の思想を継承し、道家思想を発展させたもので、内篇の中の逍遥遊・斉物論の二篇が最も重要である。『なんしんきょう』とも。ウィキペディア【荘子 (書物)】参照。
君子之交淡若水、小人之交甘若醴。君子淡以親、小人甘以絶。彼無故以合者、則無故以離。
くんまじわりはあわきことみずのごとく、小人しょうじんまじわりはあまきことれいのごとし。くんあわくしてもっしたしみ、小人しょうじんあまくしてもっつ。ゆえくしてもっものは、すなわゆえくしてもっはなる。
  • 醴 … 甘酒。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ