>   故事成語   >   か行   >   逆鱗

逆鱗

逆鱗げきりん
  • 出典:『韓非子』説難ぜいなん
  • 解釈:天子の怒り。転じて、目上の人の怒り。竜のあごの下にある逆さに生えたうろこに人が触れると、竜が怒ってその人を殺すという中国の故事から。
夫龍之爲蟲也、柔可狎而騎也、然其喉下有逆鱗徑尺、若人有嬰之者、則必殺人。人主亦有逆鱗。説者能無嬰人主之逆鱗、則幾矣。
りゅうむしたる、じゅうなるときはれてきなり。しかれども喉下こうか逆鱗げきりん径尺けいしゃくなるり、ひとこれるるものらば、すなわかならひところす。人主じんしゅ逆鱗げきりんり。もの人主じんしゅ逆鱗げきりんるることくんば、すなわちかからん。
  • 虫たる … 動物は。
  • 逆鱗 … 逆さに生えたうろこ。
  • 径尺 … 直径一尺。
  • 説く者 … 意見を述べる人。遊説家。
  • 幾 … 期待できる。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ