>   故事成語   >   か行   >   邯鄲の歩み

邯鄲の歩み

邯鄲かんたんあゆ
  • 出典:『荘子』秋水
  • 解釈:むやみに人のまねをすれば、自分本来のものも忘れて、両方とも失ってしまうことのたとえ。燕の青年が邯鄲へ行って都会の歩き方を習ったが会得できず、自分の歩き方も忘れてしまい、這って故郷へ帰ったという故事から。
  • 荘子 … 10巻33篇。戦国時代の思想書。内篇は荘周、外篇・雑篇は後学の著作と考えられている。成立年代不詳。『老子』の思想を継承し、道家思想を発展させたもので、内篇の中の逍遥遊・斉物論の二篇が最も重要である。『なんしんきょう』とも。ウィキペディア【荘子 (書物)】参照。
且子獨不聞夫壽陵餘子之學行於邯鄲與。
ひと寿陵じゅりょう余子よしこう邯鄲かんたんまなびしをかずや。
  • 寿陵 … 燕の村里。
  • 余子 … 若者。未青年の男子。
  • 行 … 歩き振り。
  • 邯鄲 … 趙の都。
未得國能、又失其故行矣。
いま国能こくのうず、また故行ここううしなう。
  • 国能 … ここでは趙の国の歩き振り。
  • 故行 … 自分のもともとの歩き方。
直匍匐而歸耳。
ただ匍匐ほふくしてかえるのみ。
  • 匍匐 … 腹ばい。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ