>   故事成語   >   は行   >   文章は経国の大業、不朽の盛事なり

文章は経国の大業、不朽の盛事なり

文章ぶんしょう経国けいこく大業たいぎょう不朽ふきゅう盛事せいじなり
  • 出典:魏文帝『典論』論文
  • 解釈:文学は、国を治めるための大事業であり、永久に朽ちることのない盛大な事業である。
  • 典論 … 魏の文帝曹丕そうひ(在位220~226)の著。中国文芸批評の先駆的書。『文選』巻五十二所収。ウィキペディア【典論】参照。
文章經國之大業、不朽之盛事
けだ文章ぶんしょう経国けいこく大業たいぎょうにして、不朽ふきゅう盛事せいじなり。
  • 蓋 … 「けだし」と読み、「思うに」と訳す。
  • 文章 … 文学。詩文を総称していう。
  • 経国 … 国を治める。
  • 大業 … 偉大な事業。大事業。
  • 不朽 … 非常にすぐれていて、いつまでも滅びないこと。
  • 盛事 … 盛大な事業。
年壽有時而盡、榮樂止乎其身。
年寿ねんじゅときりてき、栄楽えいらくとどまる。
  • 年寿 … 寿命。
  • 栄楽 … 自分の身が栄えて、華やかな生活を楽しむこと。
二者必至之常期、未若文章之無窮。
しゃ必至ひっしじょうあり、いま文章ぶんしょうきゅうなるにかず。
  • 二者 … 年寿と栄楽。
  • 必至 … 必ずそうなる。
  • 常期 … 定まった期限。
  • 未若 … 「いまだ~にしかず」と読み、「いまだ~に及ばない」と訳す。
  • 無窮 … 限りのないこと。永遠であること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ