>   故事成語   >   か行   >   愚公山を移す

愚公山を移す

愚公ぐこうやまうつ
  • 出典:『列子』湯問
  • 解釈:どんな困難なことでも努力し続ければ、必ず成功するというたとえ。愚公という老人が交通の便をよくするため、家の前にある山を崩しはじめた。これを見た人が笑うと、「子孫が次々と続けてやればいつかは成功する」と言ったという故事から。
太行王屋二山、方七百里、高萬仞。本在冀州之南、河陽之北。
太行たいこう王屋おうおく二山にざんは、ほう七百里しちひゃくりたか万仞ばんじんもと冀州きしゅうみなみ河陽かようきたり。
  • 太行 … 山名。山西省にある太行山脈の主峰。
  • 王屋 … 山名。山西省にある。
  • 方 … 四方。
  • 万仞 … 一万仞。
  • 冀州 … 古代の九州のひとつ。河北省・山西省一帯。
北山愚公者、年且九十。面山而居、懲山北之塞出入之迂也。聚室而謀曰、吾與汝畢力平險、指通豫南、達于漢陰。可乎。雜然相許。
北山ほくざん愚公ぐこうというものあり、としまさ九十きゅうじゅうならんとす。やまめんしてり、山北さんぽくそく出入しゅつにゅうなるにくるしむ。しつあつめてはかりていわく、われなんじらとちからくしてけんたいらかにし、予南よなん指通しつうして、漢陰かんいんたっせん。ならんか、と。みなしかりとしてあいゆるす。
  • 愚公 … 愚公という老人。馬鹿じいさんという程度の意。
  • 迂 … 回り道。
  • 室 … 家の人。
  • 予南 … 予州の南。
  • 指通 … 道を通じさせる。
  • 漢陰 … 漢水の南。
其妻獻疑曰、以君之力、曾不能損魁父之丘。如太行王屋何。且焉置土石。雜曰、投諸渤海之尾、隱土之北。
つまうたがいをけんじていわく、きみちからもってしては、すなわ魁父かいふきゅうそんずるあたわず。太行たいこう王屋おうおく如何いかんせん。まさいずくにか土石どせきかんとする、と。みないわく、これ渤海ぼっかい隠土いんどきたとうぜん、と。
  • 魁父 … 小丘の名。
  • 渤海 … 北東部にある海域。勃海湾。
  • 隠土 … 東北にある州名。
遂率子孫、荷擔者三夫、叩石墾壤、箕畚運於渤海之尾。
つい子孫しそんひきい、荷担かたんするもの三夫さんぷいしたたつちひらき、箕畚きほんもて渤海ぼっかいはこぶ。
  • 箕畚 … もっこ
鄰人京城氏之孀妻、有遺男、始齔。跳往助之、寒暑易節、始一反焉。河曲智叟、笑而止之曰、甚矣、汝之不惠。以殘年餘力、曾不能毀山之一毛。其如土石何。
隣人りんじん京城氏けいじょうし孀妻そうさいに、遺男いだんり、はじめてしんす。おどきてこれたすけ、寒暑かんしょせつえ、はじめてひとたびかえる。河曲かきょく智叟ちそうわらいてこれどめていわく、はなはだしきかな、なんじ不恵ふけいなる。残年ざんねん余力よりょくもってしては、すなわやま一毛いちもうこぼあたわず。土石どせき如何いかんせん。
  • 孀妻 … 夫と死別した女性。寡婦。
  • 齔す … 歯がぬけかわる。
  • 節 … 季節。
  • 河曲 … 黄河のほとり。
  • 智叟 … 智叟という老人。知恵じいさんという程度の意。
北山愚公長息曰、汝心之固、固不可徹、曾不若孀妻弱子。雖我之死、有子存焉。子又生孫、孫又生子。子又有子、子又有孫。子子孫孫、無窮匱也。而山不加增。何苦而不平。河曲智叟、亡以應。
北山ほくざん愚公ぐこう長息ちょうそくしていわく、なんじこころなること、まことてっからず、すなわ孀妻そうさい弱子じゃくしかず。われすといえども、りてそんす。またまごみ、まごまたむ。またり、またまごり。子子しし孫孫そんそん窮匱きゅうきし。しかるにやま加増かぞうせず。何若いかんたいらかならざらん、と。河曲かきょく智叟ちそうもっこたうるし。
  • 窮匱 … 尽き果てる。
操蛇之神聞之、懼其不已也、告之於帝。帝感其誠、命夸蛾氏二子負二山、一厝朔東、一厝雍南。自此、冀之南、漢之陰、無隴斷焉。
操蛇そうだかみこれき、まざるをおそれ、これていぐ。ていまことかんじ、夸蛾氏かがし二子にしめいじて二山にざんわしめ、いつ朔東さくとうき、いつ雍南ようなんく。これより、みなみかんみなみ隴断ろうだんし。
  • 操蛇の神 … 山の神。
  • 懼れ … 心配する。
  • 夸蛾氏 … 夸氏・蛾氏。
  • 朔東 … 朔北の東部。今の興安嶺あたり。
  • 雍南 … 雍州の南。
  • 隴断 … 土地が高くもり上がった所。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ