>   故事成語   >   さ行   >   守株

守株

守株しゅしゅ
  • 出典:『かん五蠹ごと
  • 解釈:いたずらに古い習慣を守って、時勢に応じた処置ができないこと。うさぎが走ってきて木の切り株にぶつかって死んだのを、そうの農夫が偶然見ていた。その農夫は、またうさぎが出てくるかと仕事をしないで毎日その切り株を見張ったものの、ついにうさぎは捕れなかったという故事から。「かぶを守ってうさぎを待つ」「かぶを守る」「くいぜを守る」とも。
  • 韓非子 … 20巻55篇。戦国時代末期の思想家で、厳格な法治主義を唱え、信賞必罰を行うことを主張したかん(?~前233)の著作を中心に、のちの法家一派の論を加えたもの。法による富国強兵と君主権の確立が説かれている。ウィキペディア【韓非子】参照。
宋人有耕田者。
宋人そうひとたがやものり。
  • 宋人 … 宋の国の人。国の下に「人」がつく場合は「じん」とは読まず、「ひと」と読む習慣がある。
  • 田 … 平らにならした耕地。耕作地。「田んぼ」「畑」ともに「田」という。
田中有株、兎走觸株、折頸而死。
でんちゅうくいぜり、うさぎはしりてくいぜれ、くびりてす。
  • 田中 … 畑の中。
  • 株 … 木の切り株。
  • 触 … ぶつかる。ここでは「さわる」の意ではない。
  • 頸 … 首の骨。
因釋其耒而守株、冀復得兎。
りてすきててくいぜまもり、うさぎんとこいねがう。
  • 因 … 「よりて」と読み、「そこで」「それによって」「それが原因で」と訳す。
  • 耒 … すき。畑を耕す農具。
  • 釈 … (手に持っていた物を)投げ捨てる。投げ出す。
  • 守株 … 木の切り株の番をして見守る。
  • 復 … 「また」と読み、「もう一度」「再び」と訳す。
  • 冀 … 強く願う。切に望む。
兎不可復得、而身爲宋國笑。
うさぎべからずして、宋国そうこくわらいとれり。
  • 不可復得 … もう二度と手に入らなかった。
  • 不~復(不復~) … 「また~ず」と読み、「もう二度と~ない」と訳す。部分否定の形。
  • 身 … 彼自身。本人。
  • 宋国笑 … 宋の国じゅうの笑い者。
今欲以先王之政、治當世之民、皆守株之類也。
いま先王せんのうまつりごともって、当世とうせいたみおさめんとほっするは、みなくいぜまもるのたぐいなり。
  • 先王之政 … 昔の聖王の行なった政治。「先王」とは堯・舜・禹や周の文王・武王など。
  • 当世 … 現代。
  • 類 … 同類。たぐい
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ