>   故事成語   >   さ行   >   慎独

慎独

慎独しんどく
  • 出典:『大学』伝六章、『中庸』第一章
  • 解釈:一人でいるときにも行いを慎み、心を正しくする。
〔大学、伝六章〕
所謂誠其意者、毋自欺也。如惡惡臭、如好好色。此之謂自謙。故君子必慎其獨也。
所謂いわゆるまことにすとは、みずかあざむきなり。悪臭あくしゅうにくむがごとく、好色こうしょくこのむがごとくす。これこれみずかこころよくすとう。ゆえ君子くんしかならひとりりをつつしむなり。
〔中庸、第一章〕
道也者、不可須臾離也。可離非道也。是故君子戒愼乎其所不睹、恐懼乎其所不聞。莫見乎隱、莫顯乎微。故君子愼其獨也。
みちなるものは、須臾しゅゆはなからざるなり。はなきはみちあらざるなり。ゆえ君子くんしえざるところ戒慎かいしんし、きこえざるところ恐懼きょうくす。かくれたるよりあらわるるはく、かすかなるよりあきらかなるはし。ゆえ君子くんしひとりをつつしむなり。
  • 須臾 … ほんのわずかの時間。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ