>   故事成語   >   か行   >   鶏口牛後

鶏口牛後

鶏口けいこうぎゅう
  • 出典:『十八史略』春秋戦国・趙、『史記』蘇秦列伝
  • 解釈:大きな団体の属員になるよりは、小さな団体でもその長になるほうがよい。「鶏口」は鶏のくちばし。「牛後」は牛のしり。「鶏口となるも牛後となるなかれ」とも。
  • 十八史略 … 7巻。元のそうせん撰。『史記』から『新五代史』までの十七の正史に、宋代の史書を加えて十八史とし、その概要を編年体でまとめたもの。史料的価値はほとんどないが、我が国では初学者のための入門書として広く読まれており、特に江戸時代には『論語』『唐詩選』とともに、初学者の必読書とされた。ウィキペディア【十八史略】参照。
〔十八史略、春秋戦国、趙〕
秦人恐喝諸侯求割地。
秦人しんひと諸侯しょこう恐喝きょうかつしてかんことをもとむ。
  • 秦人 … 秦の国の人々。国の下に「人」がつく場合は「じん」とは読まず、「ひと」と読む習慣がある。「秦」は今の陝西せんせい省の地をあった国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【秦】参照。
  • 諸侯 … ここでは六国りっこく(韓・魏・趙・斉・楚・燕)を指す。
  • 恐喝 … 脅す。ここでは武力で脅すこと。
  • 割地 … 領地を割譲する。
有洛陽人蘇秦。
洛陽らくようひとしんというものり。
  • 洛陽 … 東周の都。今の河南省洛陽市。ウィキペディア【洛陽市】参照。
  • 蘇秦 … ?~前317。戦国時代の政治家、遊説家。縦横家の一人。あざなは季子。諸国を遊説して、がっしょう(秦以外の六国りっこくの南北同盟)策を成立させた。ウィキペディア【蘇秦】参照。
游説秦惠王不用。
しん恵王けいおう游説ゆうぜいしてもちいられず。
  • 秦恵王 … 戦国時代の秦の王。在位前338~前311。ウィキペディア【恵文王 (秦)】参照。
  • 游説 … 自分の意見・政策などを各地の諸侯に説いて回ること。「游」は「遊」と同じ。「説」は「ゼイ」と読む。
  • 不用 … 「もちいられず」と受身に読む。採用されなかった。
乃往説燕文侯、與趙從親。
すなわきてえん文侯ぶんこうき、ちょうしょうしんせしめんとす。
  • 乃 … 「すなわち」と読み、「そこで」と訳す。
  • 燕 … 春秋・戦国時代の国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【燕 (春秋)】参照。
  • 文侯 … 戦国時代の燕の君主。在位前362~前333。ウィキペディア【文公 (戦国燕)】参照。
  • 趙 … 戦国時代の国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【趙 (戦国)】参照。
  • 与(與) … 通常は「~と…と」と読み、「~と…と」と訳すが、ここでは主語(燕)が省略されているため、「…と」と読み、「…と」と訳す。主語(燕)を補い「燕与趙」とした場合は「燕と趙と」と読み、「燕と趙と」と訳す。
  • 従親 … 「しょうしんせしめんとす」と使役に読む。がっしょう(南北に同盟を結ぶ)して、親密にすること。「従」は「縦」と同じで南北の意。「従合しょうごう」とほぼ同義。
燕資之、以至趙。
えんこれし、もっちょういたらしむ。
  • 之 … 蘇秦を指す。
  • 資 … 資金を与えること。
  • 至 … 「いたらしむ」と使役に読む。行かせた。赴かせた。
説肅侯曰、諸侯之卒、十倍於秦。
粛侯しゅくこういてわく、諸侯しょこうそつしん十倍じゅうばいす。
  • 肅侯 … 戦国時代の趙の君主。在位前350~326。ウィキペディア【粛侯 (趙)】参照。
  • 卒 … 兵士。兵卒。兵力。
幷力西向、秦必破矣。
ちからあわせて西にしむかわば、しんかならやぶれん。
  • 并 … 合わせる。一つにする。「併」と同じ。
爲大王計、莫若六國從親以擯秦。
大王だいおうためはかるに、六国りっこくしょうしんしてもっしんしりぞくるにくはし、と。
  • 六国 … 秦に対抗しようとした戦国時代の六つの国。韓・魏・趙・斉・楚・燕。ウィキペディア【六国】参照。
  • 擯 … 追い払う。排斥する。
  • 莫若~ … 「~(する)にしくはなし」と読み、「~に及ぶものはない」「~(するの)が一番よい」と訳す。比較の意を示す。「莫如~」も同じ。
肅侯乃資之、以約諸侯。
粛侯しゅくこうすなわこれし、もっ諸侯しょこうやくせしむ。
  • 約 … 「やくせしむ」と使役に読む。同盟を結ばせた。
蘇秦以鄙諺説諸侯曰、
しん鄙諺ひげんもっ諸侯しょこういてわく、
  • 鄙諺 … 世間で使われている俗っぽいことわざ。通俗的なことわざ。
寧爲雞口、無爲牛後。
むし鶏口けいこうるとも、ぎゅうかれ、と。
  • 寧為鶏口、無為牛後 … いっそ鶏のくちばしとなっても、牛のしりにはなるな。「寧~無…」は、「むしろ~するとも…するなかれ」と読み、「いっそ~しても、…するな」と訳す。選択の意を示す。
於是六國從合。
ここおい六国りっこく従合しょうごうす。
  • 於是 … 「ここにおいて」と読み、「そこで」と訳す。ちなみに「是以」は「ここをもって」と読み、「こういうわけで」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」と訳す。
  • 従合 … がっしょう(南北に同盟を結ぶ)すること。南北に並ぶ六つの国が秦に対抗するため同盟すること。「しょうしん」とほぼ同義。
〔史記、蘇秦列伝〕
臣聞鄙諺曰、寧爲雞口、無爲牛後。今西面交臂而臣事秦、何異於牛後乎。夫以大王之賢、挾彊韓之兵、而有牛後之名、臣竊爲大王羞之。
しんく、鄙諺ひげんわく、むし鶏口けいこうるとも、ぎゅうかれ、と。いま西面せいめんし、ひじまじえてしん臣事しんじするは、なんぎゅうことならんや。大王だいおうけんもって、彊韓きょうかんへいさしはさみて、しかぎゅうるは、しんひそかに大王だいおうためこれず、と。
  • 臣事 … 臣下として仕えること。
  • 彊韓 … 強い韓。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ