>   故事成語   >   か行   >   鰥寡孤独

鰥寡孤独

鰥寡かんか孤独こどく
  • 出典:『孟子』梁恵王・下
  • 解釈:身寄りのない独り者。「鰥」は男やもめ。やもお。年をとって妻のない男、「寡」はやもめ。夫に死なれた女。「孤」はみなし子、「独」は子のない老人。
  • 注記:慶應4(1868)年3月の太政官布告・第一札に「鰥寡孤獨癈疾ノモノヲ憫ムヘキ事」とある。「癈疾はいしつ」は身体が不自由になった人のこと。ウィキペディア【五榜の掲示】参照。
老而無妻曰鰥、老而無夫曰寡、老而無子曰獨、幼而無父曰孤。此四者、天下之窮民而無告者。
いてつまきをかんい、いておっときをい、いてきをどくい、ようにしてちちきをう。四者ししゃは、天下てんか窮民きゅうみんにしてぐるものなり。
  • 鰥 … 妻を亡くして独りでいる男。または妻を持っていない男。古くは未婚・既婚を問わず言う言葉であったが、現在では既婚者について言うことの方が多い。ちなみに「鰥夫」と書いて「かんぷ」「やもお」「やもめ」と読む。
  • 寡 … 夫を亡くした女。寡婦かふ。未亡人。後家ごけ。やもめ。
  • 窮民 … 貧乏で生活に困り苦しんでいる人。
  • 無告者 … 自分の苦しみを訴える相手のない者。無告むこくたみ
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ