>   故事成語   >   な行   >   鶏を割くに焉くんぞ牛刀を用いん

鶏を割くに焉くんぞ牛刀を用いん

にわとりくにいずくんぞ牛刀きゅうとうもちいん
  • 出典:『論語』陽貨第十七4
  • 解釈:小事を処理するのに、大人物または大げさな手段は必要がないということ。「牛刀もて鶏を割く」とも。
子之武城。聞弦歌之聲。夫子莞爾而笑曰。割雞焉用牛刀。
武城ぶじょうき、絃歌げんかこえく。夫子ふうし莞爾かんじとしてわらいていわく、にわとりくに、いずくんぞ牛刀ぎゅうとうもちいん。
  • 之 … 行く。
  • 武城 … 魯の国の地名。小さな町であった。
  • 弦歌 … 琴の音に合わせて歌う。
  • 夫子 … 先生。孔子を指す
  • 莞爾 … にっこりと笑う。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「陽貨第十七4」参照。
子游對曰。昔者偃也。聞諸夫子。曰。君子學道則愛人。小人學道則易使也。子曰。二三子。偃之言是也。前言戲之耳。
子游しゆうこたえていわく、昔者むかしえんや、これ夫子ふうしく。いわく、君子くんしみちまなべばすなわひとあいし、小人しょうじんみちまなべばすなわ使つかやすし、と。いわく、二三子にさんしえんげんなり。前言ぜんげんこれたわむれしのみ。
  • 子游 … 姓はげん、名はえん、子游はあざな。呉の人。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子夏とともに文章・学問に優れているとされた。ウィキペディア【子游】参照。
  • 対 … お答えする。目上の人に使う。
  • 偃 … 子游の名。わたくし。
  • 諸 … 「これ」と読み、「これを~に」と訳す。
  • 君子 … ここでは為政者。
  • 小人 … ここでは一般の庶民。
  • 易使也 … 従順になりやすい。
  • 二三子 … お前たち。門人たちに呼びかけることば。
  • 是 … 正しい。「ぜ」と読む。
  • 前言 … さっき言った言葉。
  • 戯之 … 冗談をいう。「之」は「偃」を指す。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「陽貨第十七4」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ