>   故事成語   >   か行   >   鶏鳴狗盗

鶏鳴狗盗

鶏鳴けいめいとう
  • 出典:『十八史略』春秋戦国・斉、『史記』孟嘗君伝
  • 解釈:ニワトリの鳴きまねをして人をだましたり、犬のまねをして物を盗んだりする卑しい者。せいもうしょうくんが、ニワトリの鳴き声の上手な男と、犬のまねをする盗人の働きで難をまぬかれたという故事から。「狗」は犬。「狗盗」は、こそどろ。
  • 十八史略 … 7巻。元のそうせん撰。『史記』から『新五代史』までの十七の正史に、宋代の史書を加えて十八史とし、その概要を編年体でまとめたもの。史料的価値はほとんどないが、我が国では初学者のための入門書として広く読まれており、特に江戸時代には『論語』『唐詩選』とともに、初学者の必読書とされた。ウィキペディア【十八史略】参照。
〔十八史略、春秋戦国、斉〕
靖郭君田嬰者、宣王之庶弟也。
靖郭君せいかくくん田嬰でんえいは、宣王せんおう庶弟しょていなり。
  • 靖郭君田嬰 … 戦国時代、せいの宰相。田は姓、嬰は名。靖郭君はおくりな。斉のおうの末子。宣王の異母弟。孟嘗君の父。ウィキペディア【田嬰】参照。
  • 者 … 「~は」と読む。また、「~とは」「~なる者は」「~という者は」と読んでもよい。
  • 宣王 … 斉の君主。在位前319~前301。ウィキペディア【宣王 (斉)】参照。
  • 庶弟 … 異母弟。
封於薛。有子曰文。
せつほうぜらる。ぶんう。
  • 薛 … 地名。今の山東省薛城。ウィキペディア【薛城区】参照。
  • 封 … 領地を与えられて領主となる。「ほうぜらる」と受身に読む。なお、「封」を「ふうず」と読んだ場合は「閉じて、中が見えないようにする」の意となる。
  • 文 … もうしょうくんのこと。姓名は田文。父の田嬰の跡を継ぎ、薛の領主となった。四君(斉のもうしょう君・趙の平原へいげん君・魏のしんりょう君・楚のしゅんしん君)の一人。ウィキペディア【孟嘗君】参照。
食客數千人。名聲聞於諸侯。號爲孟嘗君。
しょっかく数千人すうせんにん名声めいせい諸侯しょこうこゆ。ごうしてもうしょうくんす。
  • 食客 … 客分として抱えられた人。戦国時代、諸侯は特別な技術・才能がある者を客分として厚遇した。なお、「客」は文語では「きゃく」と読まず、「かく」と読む。
  • 号為 … ~と呼ばれた。
秦昭王聞其賢、乃先納質於齊、以求見。
しんしょうおうけんなるをき、すなわせいれて、もっまみえんことをもとむ。
  • 秦 … 今の陝西せんせい省の地をあった国。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【】参照。
  • 昭王 … 秦の君主。在位前306~前251。名は則。おくりな昭襄しょうじょう。父は恵文王。ウィキペディア【昭襄王 (秦)】参照。
  • 賢 … すぐれている。かしこい。
  • 乃 … 「すなわち」と読み、「そこでやっと」「そこではじめて」と訳す。
  • 質 … 人質。「質」は「しつ」と読めば性質の意。「ち」と読めば人質の意。
  • 斉 … 田斉。戦国時代、前386年に田氏が斉を滅ぼして以後の斉のこと。ウィキペディア【田斉】参照。
  • 納 … いれる。相手のほうに送り込む。
  • 求見 … (孟嘗君と)会見したいと希望する。会見を申し込む。
至則止、囚欲殺之。
いたればすなわとどめ、とらえてこれころさんとほっす。
  • 至則止 … (孟嘗君が秦に)到着すると、(昭王は孟嘗君を)そのまま引き止めた。
  • 囚 … 監禁する。拘束する。
  • 欲殺之 … 孟嘗君を殺そうとした。「之」は孟嘗君を指す。「欲」は「ほっす」と読み、「~しようとする」「~したいと思う」と訳す。
孟嘗君使人抵昭王幸姫求解。
もうしょうくんひとをしてしょうおうこういたりてかんことをもとめしむ。
  • 幸姫 … 君主に気に入られた宮女。君主の愛妾。「幸」は君主にかわいがられること。
  • 抵 … いたる。「至」と同じ。
  • 使 … 「~(をして)…(せ)しむ」と読み、「~に…させる」と訳す。使役を表す。
  • 解 … 釈放する。
姫曰、願得君狐白裘。
わく、ねがわくはきみはくきゅうん、と。
  • 君 … あなた。孟嘗君を指す。
  • 狐白裘 … きつねの腋の下の白い毛で作った衣服。たいへん貴重なため、珍重された。「裘」は獣の毛皮で作った衣服。
蓋孟嘗君、嘗以獻昭王、無他裘矣。
けだもうしょうくんかつもっしょうおうけんじ、きゅうし。
  • 蓋 … 「けだし」と読み、ふつうは「思うに」と訳すが、ここでは「実のところ」と訳す。
  • 献 … 献上する。
  • 矣 … 訓読しない。断定の意を示す。
客有能爲狗盜者。
かくとうものり。
  • 客 … 食客。
  • 狗盗 … いぬの鳴きまねをして、こそどろを働くこと。「狗」は犬。「こうとう」とも。
  • 為 … 「なす」と読み、「~をする」と訳す。
入秦藏中、取裘以獻姫。
しんぞうちゅうり、きゅうりてもっけんず。
  • 蔵中 … 宝蔵の中。
姫爲言得釋。
ためいてゆるさるるをたり。
  • 姫為言 … 宮女が孟嘗君のために昭王にとりなした。宮女が昭王に孟嘗君を釈放するよう口添えした。「為」は「ために」と読み、「~のために」と訳す。「姫為言」は孟嘗君を補い、「姫孟嘗君の為に言いて」(姫為孟嘗君言)とすると理解しやすい。
  • 得釈 … 釈放されることができた。「釈」は「かるる」と読んでもよい。
即馳去、變姓名、夜半至函谷關。
すなわり、姓名せいめいへんじて、はん函谷関かんこくかんいたる。
  • 即 … 「すなわち」と読み、「すぐに」「ただちに」と訳す。
  • 馳 … 馬を速く走らせる。
  • 変姓名 … 姓名を変える。函谷関を通るとき、姓名の書かれた通行手形の提示が必要であったため。
  • 夜半 … 夜中。
  • 函谷関 … 今の河南省にあった有名な関所。ウィキペディア【函谷関】参照。
關法、鷄鳴方出客。
かんほうにわとりきてまさかくだす。
  • 関法 … 関所の規則。函谷関では、日が暮れると門を閉じ、一番どりが鳴くと門を開けることになっていた。
  • 方 … 「まさに」と読み、「その時に」「~してはじめて」と訳す。
  • 客 … 旅人。
恐秦王後悔追之。
秦王しんおうのちいてこれわんことをおそる。
  • 恐 … (孟嘗君は)恐れた。心配した。
  • 追之 … 「之」は孟嘗君を指す。
客有能爲鷄鳴者。鷄盡鳴。
かく鶏鳴けいめいものり。にわとりことごとく。
  • 客 … 食客。
  • 鶏鳴 … 鶏の鳴きまね。
  • 尽 … すべて。皆。
遂發傳。出食頃、追者果至、而不及。
ついでんはっす。でてしょっけいにして、ものたしていたるも、およばず。
  • 遂 … 「ついに」と読み、「そのまま」と訳す。
  • 発伝 … 旅客の通過を許す。旅客を出発させる。「伝」は車馬。一説に旅券とする。
  • 食頃 … 食事をするほどの短い時間。
  • 果 … 「はたして」と読み、「思ったとおり」と訳す。
  • 不及 … 追いつけなかった。
孟嘗君歸怨秦、與韓・魏伐之、入函谷關。
もうしょうくんかえりてしんうらみ、かんこれちて、函谷関かんこくかんる。
  • 怨秦 … 秦の仕打ちを恨む。
  • 韓 … 国名。戦国時代の七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【韓 (戦国)】参照。
  • 韓 … 国名。戦国時代の七雄の一つ。ウィキペディア【魏 (戦国)】参照。
  • 与 … 「と」と読み、「~とともに」と訳す。
  • 伐之 … 「之」は秦を指す。
秦割城以和。
しんしろきてもっす。
  • 城 … 城壁で囲まれた町。
  • 割 … 割譲する。
  • 和 … 和睦する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ