>   故事成語   >   か行   >   邦に道無きに、富み且つ貴きは、恥なり

邦に道無きに、富み且つ貴きは、恥なり

くにみちきに、たっときは、はじなり
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
邦有道、貧且賤焉、恥也。邦無道、富且貴焉、恥也
くにみちるに、まずしくいやしきは、はじなり。くにみちきに、たっときは、はじなり。
  • 邦有道、貧且賤焉、恥也 … 国に正しい道が行われていながら、(仕官しないで)貧乏でいるのは恥である。
  • 邦無道、富且貴焉、恥也 … 国が乱れているのに、(仕官して)金や地位を得ているのは恥である。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「泰伯第八13」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
論語の名言名句