>   故事成語   >   か行   >   曲突徙薪

曲突徙薪

曲突きょくとつ徙薪ししん
  • 出典:『十八史略』西漢
  • 解釈:災いを未然に防ぐこと。旅人がある家の主人に、まっすぐな煙突を曲がったものにし、側にある薪を移すようにと忠告したが応じず、その家は火事になってしまったという故事から。徙はうつす。
霍氏謀反、伏誅。夷其族。告者皆封列侯。初霍氏奢縱。茂陵徐福上疏言、宣以時抑制、無使至亡。書三上。不聽。
霍氏かくし謀反むほんし、ちゅうふくす。ぞくたいらぐ。ぐるもの列侯れっこうほうぜられる。はじ霍氏かくし奢縦しゃしょうなり。茂陵もりょう徐福じょふく上疏じょうそしてう、よろしくときもっ抑制よくせいし、ぼういたらしむることかるべし、と。しょたびたてまつる。かず。
  • 霍氏 … 前漢の政治家、霍光の一族。
  • 奢縦 … 贅沢をして、ほしいままに振舞うこと。
  • 茂陵 … 陝西省のある地名。
  • 上疏 … 君主に意見書をたてまつる。
至是、人爲徐生上書曰、客有過主人。見其竈直突、傍有積薪、謂主人、更爲曲突、速徙其薪。主人不應。俄失火。郷里共救之、幸而得息。
ここいたりて、ひと徐生じょせいため上書じょうしょしていわく、かく主人しゅじんよぎるものり。かまど直突ちょくとつにして、かたわらに積薪せきしんるをて、主人しゅじんう、あらためて曲突きょくとつつくり、すみやかにたきぎうつせ、と。主人しゅじんおうぜず。にわかにしっす。郷里きょうりともこれすくい、さいわいにしてむをたり。
  • 直突 … まっすぐな煙突。
  • 積薪 … 積み上げたたきぎ。
  • 曲突 … 曲がった煙突。
殺牛置酒、謝其郷人。人謂主人曰、郷使聽客之言、不費牛酒、終無火患。今、論功而賞、曲突徙薪無恩澤、焦頭爛額爲上客邪。上乃賜福帛以爲郎。
うしころさけいて、郷人きょうじんしゃす。ひと主人しゅじんいていわく、さきかくげんかしめば、牛酒ぎゅうしゅついやさず、つい火患かかんからん。いまこうろんじてしょうするに、曲突きょくとつたきぎうつせというものに恩沢おんたくく、かしらがしひたいただらすものを上客じょうかくすか、と。しょうすなわふくはくたまい、もっろうす。
  • 爛らす … 焼けてただれる。
  • しょう … 帝王を指す尊敬のことば。
  • 帛 … 絹織物。
  • 郎 … 郎という官職。中級の役人。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ