>   故事成語   >   か行   >   蛍雪の功

蛍雪の功

蛍雪けいせつこう
  • 出典:『蒙求』孫康映雪・車胤聚螢、『晋書しんじょ』列伝五十三・車胤
  • 解釈:苦学して学問を修めた成果。蛍窓雪案とも。
〔蒙求、孫康映雪 車胤聚螢〕
孫氏世録曰、康家貧無油。常映雪讀書。少小清介、交遊不雜。後至御史大夫。
孫氏世録そんしせろくいわく、こういえひんにしてあぶらし。つねゆきてらしてしょむ。少小しょうしょうより清介せいかいにして、交遊こうゆうざつならず。のち御史ぎょし大夫たいふいたる。
  • 康 … 東晋の学者、孫康。
  • 少小 … 年少。
  • 清介 … 清廉潔白で孤高。
  • 御史大夫 … 御史の長官。
晉車胤字武子、南平人。恭勤不倦、博覽多通。家貧不常得油。夏月則練囊盛數十螢火、以照書、以夜繼日焉。
しん車胤しゃいんあざな武子ぶし南平なんぺいひとなり。恭勤きょうきんにしてまず、博覧はくらん多通たつうなり。いえひんにしてつねにはあぶらず。夏月かげつにはすなわ練囊れんのう数十すうじゅう蛍火けいかり、もっしょらし、もっぐ。
  • 車胤 … 東晋の学者。
  • 南平 … 現在の湖北省公安県。
  • 恭勤 … 真面目によく励むこと。
  • 練囊 … ねり絹で作った袋。
桓温在荊州、辟爲從事。以辯識義理、深重之。稍遷征西長史、遂顯於朝廷。時武子與呉隱之、以寒素博學知名于世、又善於賞會。當時毎有盛坐、而武子不在、皆云、無車公不樂。終吏部尚書。
桓温かんおん荊州けいしゅうり、して従事じゅうじす。義理ぎり弁識べんしきするをもって、ふかこれおもんず。ようや征西せいせい長史ちょうしうつり、つい朝廷ちょうていあらわる。とき武子ぶし呉隠之ごいんし寒素かんそ博学はくがくもっられ、また賞会しょうかいし。当時とうじ盛坐せいざごとに、武子ぶしらざれば、く、車公しゃこうければたのしまず、と。吏部りぶ尚書しょうしょわる。
  • 桓温 … 東晋の武将。字は元子。
  • 辟 … 人を引き抜く。
  • 長史 … 副官。
  • 呉隠之 … 東晋の政治家。字は処黙。
  • 寒素 … 清貧。
  • 賞会 … 宴会の席。
  • 盛坐 … 盛大な宴会。
  • 吏部尚書 … 文官の人事を司る役所の長官。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ