>   故事成語   >   か行   >   禍福は糾える縄のごとし

禍福は糾える縄のごとし

禍福かふくあざなえるなわのごとし
  • 出典:『史記』南越列伝
  • 解釈:不幸と幸福は、より合わせた縄のように交互にめぐってくる。
  • 史記 … 前漢の司馬遷がまとめた歴史書。二十四史の一つ。事実を年代順に書き並べる編年体と違い、人物の伝記を中心とする紀伝体で編纂されている。本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻。ウィキペディア【史記】参照。
因禍爲福。成敗之轉、譬若糾墨。
わざわいりてふくす。成敗せいはいてんずること、たとえばあざなえるぼくのごとし。
  • 成敗 … 成功と失敗。
  • 転 … 転変。
  • 糾える … 縄をより合わせる。
  • 墨 … すみなわ。縄墨じょうぼく
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ