>   故事成語   >   か行   >   鼓腹撃壌

鼓腹撃壌

鼓腹こふく撃壌げきじょう
  • 出典:『帝王世紀』堯、『十八史略』巻一・帝堯陶唐氏
  • 解釈:生活が安楽で、世の中の太平を楽しむこと。尭の時代に、一老人が腹つづみを打ち、大地をたたいて歌い、太平の世と尭の徳をたたえたという故事から。
〔十八史略、巻一、帝堯陶唐氏〕
有老人、含哺鼓腹、撃壤而歌曰、日出而作、日入而息。鑿井而飮、耕田而食。帝力何有於我哉。
老人ろうじんり、ふくはらし、じょうちてうたいていわく、でてし、りていこう。うがちてみ、たがやしてくらう。帝力ていりょくなんわれらん、と。
  • 含哺 … 口の中に食べ物を含むこと。「哺」は口中の食べ物。
  • 鼓腹 … 腹つづみを打つ。食が足りて満足するさま。
  • 撃壌 … 大地をたたいて拍子をとる。「壌」は地の意。また、「壌」は土製の楽器、遊戯の具などの説がある。
  • 鑿井 … 井戸を掘る。
  • 帝力 … 帝王の威力。
  • 何有~哉 … 「なんぞ~らん」と読む。反語法。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ