>   その他   >   史記(抄)

史記(抄)

 『史記しき』について
前漢の司馬遷がまとめた歴史書。二十四史の一つ。事実を年代順に書き並べる編年体と違い、人物の伝記を中心とする紀伝体で編纂されている。本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻。ウィキペディア【史記】参照。
 凡例
  • 滝川龜太郎『史記會注考證』(東方文化學院東京研究所、1932~1934年)を底本とし、諸本を参照して一部字句を訂正した。
  • 字句の異同についてはその都度注記した。
  • 原文は原則として正字体、書き下し文は新字体・現代仮名遣いとした。
  • Unicodeで表示できない漢字は今昔文字鏡24dot画像を使用した。
    文字鏡研究会バナー
五帝本紀第一(黄帝) 五帝本紀第一(顓頊)
五帝本紀第一(高辛) 五帝本紀第一(堯帝)
五帝本紀第一(舜帝) 楚元王世家第二十
司馬穣苴列伝第四 田単列伝第二十二