>   故事成語   >   た行   >   月満つれば則ち虧く

月満つれば則ち虧く

つきつればすなわ
  • 出典:『史記』蔡沢伝
  • 解釈:満月になると必ず欠ける。盛んなことは必ず衰え始めることのたとえ。
語曰、日中則移、月滿則虧。物盛則衰、天地之常數也。進退盈縮、與時變化。聖人之常道也。
いわく、ちゅうすればすなわうつり、つきつればすなわく、と。ものさかんなればすなわおとろうるは、天地てんち常数じょうすうなり。進退しんたい盈縮えいしゅくとき変化へんかす。聖人せいじん常道じょうどうなり。
  • 語 … 古語。ここでは『易経』の中の言葉を指す。
  • 中 … 中天に達する。
  • 虧く … 月が欠ける。
  • 常数 … 自然に定まっている運命。
  • 盈縮 … 満ちることと縮むこと。
  • 常道 … 定まったあり方。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ