>   故事成語   >   あ行   >   移木の信

移木の信

移木いぼくしん
  • 出典:『史記』商君列伝
  • 解釈:人民に対し、うそをつかず、約束を守ること。秦の商鞅しょうおうが民衆の法令に対する信頼を得るため、都の南門に立てた木を北門に移した者には懸賞金を与えると告げて、実際に移した者に約束どおり賞金を与えたという故事から。
令既具未布、恐民之不信己。乃立三丈之木於國都市南門募民、有能徙置北門者予十金。民怪之、莫敢徙。
れいすでそなわれども、いまかず、たみおのれしんぜざらんことをおそるればなり。すなわ三丈さんじょう国都こくと南門なんもんて、たみつのり、うつして北門ほくもんものらば、十金じっきんあたえん、と。たみこれあやしみ、あえうつし。
復曰、能徙者予五十金。有一人徙之。輒予五十金、以明不欺。卒下令。
いわく、うつものには五十金ごじっきんあたえん、と。一人いちにんこれうつり。すなわ五十金ごじっきんあたえ、もっあざむかざるをあきらかにす。ついれいくだす。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ