>   その他   >   史記   >   五帝本紀第一(賛)

史記 ていほん第一(さん

24 太史公曰、學者多稱五帝尚矣。然尚書獨載堯以來。
たいこういわく、学者がくしゃおおていしょうすることひさし。しかるにしょうしょひとぎょうらいするのみ。
  • ウィキソース「史記/卷001」「史記三家註/卷001」参照。
  • 太史公 … 司馬遷が自らを言う言葉。「太史公」は太史令(太史の長官)の通称。「太史」は、官名で、天文や暦法を司り、国家の記録を司る役目も兼ねた。
而百家言黃帝、其文不雅馴。薦紳先生難言之。
しこうしてひゃく黄帝こうていうもの、ぶんじゅんならず。薦紳しんしん先生せんせいこれうをはばかる。
孔子所傳宰予問五帝德及帝繫姓、儒者或不傳。
こうつたうるところさいもんていとくおよ帝繫姓ていけいせいは、儒者じゅしゃあるいはつたえず。
余嘗西至空桐、北過涿鹿、東漸於海、南浮江淮矣。
われかつ西にしのかた空桐くうどういたり、きたのかた涿鹿たくろくぎ、ひがしのかたうみいたり、みなみのかた江淮こうわいうかぶ。
至長老皆各往往稱黃帝、堯、舜之處、風教固殊焉。
ちょうろうみな各〻おのおの往往おうおう黄帝こうていぎょうしゅんしょうするのところいたるに、ふうきょうまことことなり。
總之、不離古文者近是。
これぶるに、ぶんはなれざるものなるにちかし。
予觀春秋、國語、其發明五帝德、帝繫姓章矣。
われ春秋しゅんじゅうこくるに、ていとく帝繫姓ていけいせい発明はつめいすることあきらかなり。
顧弟弗深考。其所表見皆不虚。
おもうにただふかかんがえざるのみ。ひょうけんするところみなきょならず。
書缺有閒矣。其軼乃時時見於他説。
しょけてかんあり。いつせるはすなわ時時じじせつゆ。
非好學深思、心知其意、固難爲淺見寡聞道也。
がくこのおもいをふかくし、こころるものにあらずんば、まこと浅見せんけんぶんためがたきなり。
余并論次、擇其言尤雅者、故著爲本紀書首。
われあわせてろんし、げんもっとなるものえらび、ことさらあらわしてほんしょはじめす。
五帝本紀第一(黄帝) 五帝本紀第一(顓頊)
五帝本紀第一(高辛) 五帝本紀第一(堯帝)
五帝本紀第一(舜帝) 五帝本紀第一(賛)
楚元王世家第二十 司馬穣苴列伝第四
田単列伝第二十二