>   故事成語   >   あ行   >   晏子の御

晏子の御

あんぎょ
  • 出典:『史記』管晏列伝
  • 解釈:他人の権勢によりかかって得意になる人のこと。せいの宰相あん御者ぎょしゃが、宰相の御者であることを自慢していた。御者の妻が恥じて離縁を申し出たため、御者は大いに反省し以後控えめにするようになった。晏子はそれを聞き、御者を大夫に取り立てたという故事から。
  • 史記 … 前漢の司馬遷がまとめた歴史書。二十四史の一つ。事実を年代順に書き並べる編年体と違い、人物の伝記を中心とする紀伝体で編纂されている。本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻。ウィキペディア【史記】参照。
晏子爲齋相。出。
あんせいしょうたり。ず。
  • 晏子 … 斉の名臣、晏嬰あんえいの尊称。字は仲、諡は平、名は嬰。通常、晏平仲と呼ぶ。ウィキペディア【晏嬰】参照。
  • 相 … 宰相。
  • 出 … 外出した。
之妻、從門閒而闚其夫。
ぎょつま門間もんかんよりしておっとうかがう。
  • 御 … 馬を扱って馬車を走らせる人。御者。
  • 門間 … 門のすき間。
  • 従 … 「より」と読み、「…から」と訳す。
  • 而 … 置き字。順接の働きをする。直前の語に「~て」「~して」と送り仮名をつける。ただし、ここでは「従」につけ、「よりして」と読む。
  • 闚 … そっと様子をうかがう。
其夫爲相御、擁大葢、策駟馬、意氣揚揚、甚自得也。
おっとしょうぎょり、大蓋たいがいようし、駟馬しばむちうち、意気いき揚揚ようようとして、はなはとくするなり。
  • 大蓋 … 車の上にかける大きな日よけ。
  • 駟馬 … 四頭の馬。
  • 意気揚揚 … 得意で誇らしげな様子。
  • 自得 … 得意になってうぬぼれる。「みずかたる」と読んでもよい。
既而歸。其妻請去。
すでにしてかえる。つまらんことをう。
  • 既而 … 「すでにして」と読み、「その後まもなく」と訳す。
  • 去 … ここでは、離縁する。
  • 請 … 願い出る。
夫問其故。
おっとゆえう。
  • 故 … 理由。
妻曰、晏子長不滿六尺。
つまわく、あんたけ六尺ろくしゃくたず。
  • 長 … 身長。
  • 六尺 … 周代の一尺は大尺で22.5センチなので、六尺は約135センチ。
身相齋國、名顯諸侯。
斉国せいこくしょうとして、諸侯しょこうあらわる。
  • 顕 … 知れ渡る。
今者妾觀其出、志念深矣。
今者いましょうずるをるに、ねんふかし。
  • 今者 … 現在。ちかごろ。「者」の読みが省略されるので、二字で「いま」と読む。「者」は時を示す語に添える助字。「昔者むかし」なども同様。
  • 妾 … わたし。女性が自分を謙遜していう言葉。
  • 志念 … 心に強く思うこと。
  • 矣 … 置き字。断定の意を示す。
常有以自下者。
つねみずかもっひくくすることり。
  • 自下 … 自分からへりくだる。
今子長八尺、乃爲人僕御。
いまたけ八尺はっしゃくすなわひと僕御ぼくぎょたり。
  • 子 … あなた。「御者」を指す。
  • 八尺 … 約180センチ。
  • 僕御 … 御者。
然子之意自以爲足。
しかるにみずかもっれりとす。
  • 然 … 「しかるに」「しかれども」と読み、「けれども」「それにもかかわらず」と訳す。逆接の意を示す。
  • 以為~ … 「もって~となす」と読み、「~と思う」「~とみなす」と訳す。「以為足」は、今の自分に満足だと思っている。
妾是以求去也。
しょうここもっらんことをもとむるなり、と。
  • 是以 … 「ここをもって」と読み、「こういうわけで」「このゆえに」「それゆえに」「だから」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」「これにより」「これを用いて」と訳す。
其後夫自抑損。
のちおっとみずか抑損よくそんす。
  • 抑損 … へりくだる。
晏子怪而問之。
あんあやしみてこれう。
  • 怪 … 不思議に思って。
御以實對。
ぎょじつもっこたう。
  • 実 … ありのままに。
  • 対 … 目上の人に答えるときに「対」を用いる。
晏子薦以爲大夫。
あんすすめてもったいす。
  • 大夫 … 家老。重臣。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ