>   故事成語   >   な行   >   錦を衣て夜行くがごとし

錦を衣て夜行くがごとし

にしきよるくがごとし
  • 出典:『史記』項羽本紀
  • 解釈:いくら出世しても、故郷の人々に知られなくては甲斐がないこと。
  • 史記 … 前漢の司馬遷がまとめた歴史書。二十四史の一つ。事実を年代順に書き並べる編年体と違い、人物の伝記を中心とする紀伝体で編纂されている。本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻。ウィキペディア【史記】参照。
項王見秦宮室皆以燒殘破、又心懷思、欲東歸。曰、富貴不歸故郷、如衣繍夜行。誰知之者。
項王こうおうしんきゅうしつみなもっけて残破ざんぱせるをまたこころ懐思かいしして、ひがしかえらんとほっす。わく、ふうにしてきょうかえらざるは、しゅうよるくがごとし。たれこれものぞ、と。
  • 項王 … 項羽。羽はあざな、名は籍。ウィキペディア【項籍】参照。
  • 懐思 … (故郷を)懐かしく思う。
  • 繍 … 刺繍をほどこした美しい着物。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ