>   故事成語   >   さ行   >   千慮の一失

千慮の一失

千慮せんりょ一失いっしつ
  • 出典:『史記』淮陰侯列伝
  • 解釈:どんなにすぐれた知者でも、まれに失敗があるということ。
廣武君曰、臣聞、智者千慮必有一失、愚者千慮必有一得。故曰、狂夫之言、聖人擇焉。
広武君こうぶくんいわく、しんく、智者ちしゃ千慮せんりょかなら一失いっしつり、愚者ぐしゃ千慮せんりょかなら一得いっとくり、と。ゆえいわく、狂夫きょうふげんも、聖人せいじんこれえらぶ、と。
  • 広武君 … 秦末の軍師。李左車。
顧恐臣計未必足用、願效愚忠。
おもうにおそらくはしんけいいまかならずしももちうるにらざらんも、ねがわくは愚忠ぐちゅういたさん、と。
  • 愚忠 … 臣下が自分の忠心を謙遜した表現。
  • 効 … 致に同じ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ