>   故事成語   >   さ行   >   千慮の一失

千慮の一失

千慮せんりょ一失いっしつ
  • 出典:『史記』淮陰侯列伝
  • 解釈:どんなにすぐれた知者でも、まれに失敗があるということ。「智者も千慮に必ず一失有り」とも。
  • 史記 … 前漢の司馬遷がまとめた歴史書。二十四史の一つ。事実を年代順に書き並べる編年体と違い、人物の伝記を中心とする紀伝体で編纂されている。本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻。ウィキペディア【史記】参照。
廣武君曰、臣聞、智者千慮必有一失、愚者千慮必有一得。故曰、狂夫之言、聖人擇焉。
広武君こうぶくんわく、しんく、智者ちしゃ千慮せんりょかなら一失いっしつり、愚者ぐしゃ千慮せんりょかなら一得いっとくり、と。ゆえわく、狂夫きょうふげんも、聖人せいじんこれえらぶ、と。
  • 広武君 … 秦末の軍師。李左車。
顧恐臣計未必足用、願效愚忠。
おもうにおそらくはしんけいいまかならずしももちうるにらざらんも、ねがわくは愚忠ぐちゅういたさん、と。
  • 愚忠 … 臣下が自分の忠心を謙遜した表現。
  • 効 … 致に同じ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ