>   故事成語   >   さ行   >   鹿を逐う

鹿を逐う

鹿しか
  • 出典:『史記』淮陰侯列伝
  • 解釈:帝位や政権を得ようとして争うこと。「中原に鹿を逐う」とも。
  • 史記 … 前漢の司馬遷がまとめた歴史書。二十四史の一つ。事実を年代順に書き並べる編年体と違い、人物の伝記を中心とする紀伝体で編纂されている。本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻。ウィキペディア【史記】参照。
秦之綱絶而維弛、山東大擾、異姓竝起、英俊烏集。秦失其鹿、天下共逐之。於是高材疾足者先得焉。蹠之狗吠堯、堯非不仁。狗因吠非其主。
しんこうえてゆるむや、山東さんとうおおいにみだれ、異姓いせいならち、英俊えいしゅん烏集うしゅうす。しん鹿しかうしなうや、てんともこれう。ここおい高材こうざい疾足しっそくものこれたり。せきいぬぎょうゆるは、ぎょう不仁ふじんなるにあらず。いぬもとよりあるじあらざるものにゆ。
  • 綱 … 綱紀。
  • 維 … 法網。
  • 烏集 … 烏合に同じ。
  • 鹿 … ここでは権力を指す。
  • 高材 … すぐれた才能を持っている人。
  • 蹠 … 大盗賊の盗蹠とうせき
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ