>   故事成語   >   さ行   >   四面楚歌

四面楚歌

めん楚歌そか
  • 出典:『史記』項羽ほん
  • 解釈:まわりが全部敵で、完全に孤立すること。こうがいで漢軍に包囲されたとき、漢の軍中で楚の歌を歌うのを聞き、項羽は楚がすでに漢に降伏したのかと思って嘆いたという故事から。
  • 史記 … 前漢の司馬遷がまとめた歴史書。二十四史の一つ。事実を年代順に書き並べる編年体と違い、人物の伝記を中心とする紀伝体で編纂されている。本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻の全130巻。ウィキペディア【史記】参照。
項王軍壁垓下。
項王こうおうぐんがいへきす。
  • 項王 … 前232~前202。楚の武将、項羽。ウィキペディア【項籍】参照。
  • 垓下 … 地名。今のあん省霊壁県付近。
  • 壁 … 「へきす」と動詞に読む。とりでを作って立てこもること。
兵少食盡。
へいすくなしょくく。
  • 食 … 食糧。
漢軍及諸侯兵圍之數重。
漢軍かんぐんおよ諸侯しょこうへいこれかこむことすうちょうなり。
  • 漢軍 … 漢の王、沛公はいこう(劉邦)の率いる軍勢。
  • 諸侯兵 … 沛公に味方した有力な武将の兵。
  • 囲之 … 「之」は項王の軍を指す。
  • 数重 … 幾重にも重なること。
夜聞漢軍四面楚歌、項王乃大驚曰、
よる漢軍かんぐんめんみな楚歌そかするをき、項王こうおうすなわおおいにおどろきてわく、
  • 聞漢軍四面皆楚歌 … 四方の漢軍が、みな項羽の故郷である楚の国の歌を歌っているのを聞いて。
  • 乃 … 「すなわち」と読み、「意外にも」「なんと」と訳す。感嘆の意を示す。
  • 大驚 … 項羽は自分の故郷の歌を敵軍の中から聞いて、もうこれまでと覚悟を決めた。
漢皆已得楚乎。
かんみなすでたるか。
  • 得楚乎 … 自分の故郷である楚まで手中に収めてしまったのか。「乎」は「か」と読み、感嘆・詠嘆の意を示す。
是何楚人之多也。
なんひとおおきや、と。
  • 何楚人之多也 … なんと敵軍の中に楚の国の兵が多いことだろう。「何…也」は「なんぞ~や」と読み、「なんと~であることよ」「なんとまあ~であろう」と訳す。感嘆・詠嘆の意を示す。
  • 楚人 … 楚の国の人。ここでは、楚の国の兵。国の下に「人」がつく場合は「じん」とは読まず、「ひと」と読む慣習がある。
項王則夜起飮帳中。
項王こうおうすなわよるちて帳中ちょうちゅういんす。
  • 帳中 … とばりの中。天幕の中。
  • 飲 … 酒盛りをする。宴会をする。
有美人、名虞。
美人びじんり、
  • 美人 … 侍女、または愛妾。また、女官の位の名称でもある。
  • 虞 … 項羽に寵愛された虞姫ぐき。ウィキペディア【虞美人】参照。
常幸從。
つねこうせられてしたがう。
  • 幸 … 「こうせらる」と受身に読む。寵愛される。
  • 従 … (項王に)付き従っていた。
駿馬、名騅。
駿しゅんあり、すい
  • 駿馬 … 足の速い、すぐれた馬。しゅんばとも。
  • 騅 … 項羽の愛馬の名。
常騎之。
つねこれす。
  • 騎 … 乗る。
於是、項王乃悲歌慷慨、自爲詩曰、
ここおいて、項王こうおうすなわ悲歌ひか慷慨こうがいし、みずかつくりてわく、
  • 於是 … 「ここにおいて」と読み、「そこで」と訳す。ちなみに「是以」は「ここをもって」と読み、「こういうわけで」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」と訳す。
  • 悲歌慷慨 … 悲しげに歌い、いきどおり嘆く。「慷」は「忼」に同じ。
  力抜山兮氣蓋世
  ちからやまおお
  • 力抜山兮気蓋世 … わが力は山をも動かし、わが意気は天下をおおう。「抜」は「移」に同じ。「兮」は置き字。読まない。この句から気力が充実し、意気盛んなさまを「抜山ばつざん蓋世がいせい」という。
  時不利兮騅不逝
  ときあらずすいかず
  • 時不利兮騅不逝 … われに時運が不利なので、愛馬のすいも進まない。「時」は時勢。時運。「逝」は、ここでは「進む」の意。
  騅不逝兮可奈何
  すいかざる奈何いかんすべき
  • 騅不逝兮可奈何 … 愛馬のすいも進まないので、どうしたらよいだろうか。「奈何いかんすべき」(可奈何)は反語を表し、「どうすることができようか、いや、できはしない」と訳す。「奈何」は手段や方法を尋ねるときの疑問詞で、「如何」と同じ。
  虞兮虞兮奈若何
  なんじ奈何いかんせんと
  • 虞兮虞兮奈若何 …愛するよ、いったいお前をどうしようか。「若」は「汝」に同じ。「なんじ奈何いかんせん」(奈若何)は「奈何」の間に目的語が入った形。反語を表し、「お前をどうしようか、いや、どうしようもないのだ」と訳す。
歌數闋、美人和之。
うたうこと数闋すうけつじんこれす。
  • 数闋 … 数回。「闋」は歌が一曲終わること。
  • 和之 … 項羽の歌に唱和した。
項王泣數行下。
項王こうおうなみだすうぎょうくだる。
  • 泣数行下 … はらはらと涙を流した。
左右皆泣、莫能仰視。
ゆうみなき、あおるものし。
  • 左右 … 側近の家来。近臣。君主の左右に控えることからいう。
  • 莫能仰視 … 誰ひとりとして項羽の顔を仰ぎ見ることのできる者はいなかった。「莫能~」は「~できる人がいない」と訳す。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ