>   その他   >   史記   >   五帝本紀第一(堯帝)

史記 ていほん第一(堯帝ぎょうてい

06 帝堯者放勳、其仁如天、其知如神、就之如日、望之如雲。
ていぎょう放勲ほうくんじんてんごとく、しんごとく、これくことごとく、これのぞむことくもごとし。
  • ウィキソース「史記/卷001」「史記三家註/卷001」参照。
  • 堯 … 古代の伝説上の聖天子。名は放勲。舜を後継者として皇帝の位を譲った。ウィキペディア【】参照。
富而不驕、貴而不舒。
めどもおごらず、たっとけれどもあなどらず。
黃收純衣、彤車乘白馬。能明馴德、以親九族。九族既睦、便章百姓。百姓昭明、合和萬國。
こうしゅうじゅん彤車とうしゃにしてはくる。じゅんとくあきらかにし、もっきゅうぞくしたしむ。きゅうぞくすでむつまじくして、ひゃくせい便べんしょうす。ひゃくせいしょうめいにして、万国ばんこくごうす。
07 乃命羲和、敬順昊天、數法日月星辰、敬授民時。
すなわめいじ、つつしみて昊天こうてんしたがい、日月じつげつ星辰せいしんかぞのっとり、つつしみてたみときさずけしむ。
分命羲仲、居郁夷、曰暘谷。
わかちてちゅうめいじて、いくらしむ、暘谷ようこくう。
敬道日出、便程東作。日中、星鳥、以殷中春。其民析、鳥獸字微。
つつしみてずるをみちびき、東作とうさく便程べんていす。ちゅうはしちょうもっ中春ちゅうしゅんただす。たみわかれ、鳥獣ちょうじゅう字微じびす。
申命羲叔、居南交。便程南爲、敬致。日永、星火、以正中夏。
かさねてしゅくめいじて、南交なんこうらしむ。なん便程べんていし、つつしみていたす。ながく、ほしもっちゅうただす。
其民因、鳥獸希革。申命和仲、居西土、曰昧谷。
たみり、鳥獣ちょうじゅうかくす。かさねてちゅうめいじて、西せいらしむ、昧谷まいこくう。
敬道日入、便程西成。夜中、星虚、以正中秋。
つつしみてるをみちびき、西成せいせい便程べんていちゅうほしきょもっ中秋ちゅうしゅうただす。
其民夷易、鳥獸毛毨。申命和叔、居北方、曰幽都。
たみ夷易いいし、鳥獣ちょうじゅう毛毨もうせんす。かさねてしゅくめいじて、北方ほくほうらしむ、ゆうう。
便在伏物。日短、星昴、以正中冬。
伏物ふくぶつ便在べんざいす。みじかく、ほしぼうもっちゅうとうただす。
其民燠、鳥獸氄毛。歳三百六十六日、以閏月正四時。信飭百官、衆功皆興。
たみあたたまり、鳥獣ちょうじゅうじょうもうす。としさんびゃくろくじゅうろくにちじゅんげつもっしいただす。まことひゃっかんととのえ、しゅうこうみなおこる。
08 堯曰、誰可順此事。放齊曰、嗣子丹朱開明。
ぎょういわく、たれことしたがき、と。放斉ほうせいいわく、嗣子しし丹朱たんしゅ開明かいめいなり、と。
堯曰、吁、頑凶、不用。堯又曰、誰可者。讙兜曰、共工旁聚布功、可用。
ぎょういわく、ああがんきょうなり、もちいられず、と。ぎょうまたいわく、たれなるものぞ、と。讙兜かんとういわく、きょうこうあまねあつめてこうかん、もちし、と。
  • 旁 … 底本では「mojikyo_font_013627」に作る。旁の本字。
堯曰、共工善言、其用僻。似恭漫天。不可。
ぎょういわく、きょうこうえども、もちうるやへきす。きょうたれどもてんあなどる。不可ふかなり、と。
堯又曰、嗟、四嶽、湯湯洪水滔天、浩浩懷山襄陵。下民其憂、有能使治者。
ぎょうまたいわく、ああがく湯湯しょうしょうたる洪水こうずいてんはびこり、浩浩こうこうとしてやまつつおかのぼる。みんうれう、おさめしむるものらんや、と。
皆曰、鯀可。堯曰、鯀負命毀族、不可。
みないわく、こんなり、と。ぎょういわく、こんめいそむぞくやぶる、不可ふかなり、と。
嶽曰、异哉、試不可用而已。
がくいわく、げんかな、こころみて、もちからずんばすなわめん、と。
堯於是聽嶽用鯀。九歳功用不成。
ぎょうここいてがくきてこんもちう。きゅうさいまで功用こうようらず。
09 堯曰、嗟、四嶽、朕在位七十載、汝能庸命。踐朕位。
ぎょういわく、ああがくわれくらいること七十しちじっさいなんじめいもちう。くらいめ、と。
嶽應曰、鄙悳、忝帝位。
がくこたえていわく、とくなり、ていはずかしめん、と。
堯曰、悉舉貴戚及疏遠隱匿者。
ぎょういわく、ことごとせきおよえん隠匿いんとくものげよ、と。
衆皆言於堯曰、有矜在民閒、曰虞舜。
しゅうみなぎょういていわく、やもめりて民間みんかんり、しゅんう、と。
  • 虞舜 … 古代の伝説上の聖天子。姓はよう。虞に国を建てたので虞舜、または有虞氏と呼ばれる。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【】参照。
堯曰、然、朕聞之。其何如。
ぎょういわく、しかり、われこれけり。何如いかん
嶽曰、盲者子。父頑、母嚚、弟傲、能和以孝、烝烝治不至姦。
がくいわく、盲者もうしゃちちがんに、ははぎんに、おとうとごうなるも、やわらぐるにこうもってし、烝烝じょうじょうとしておさめてかんいたらしめず、と。
堯曰、吾其試哉。
ぎょういわく、われこころみんかな、と。
於是堯妻之二女、觀其徳於二女。舜飭下二女於媯汭、如婦禮。堯善之。
ここいてぎょうこれじょめあわせ、とくじょけるをる。しゅんじょぜいととのくだし、れいごとくす。ぎょうこれみす。
  • 媯汭 … すいの流れの入りこんで曲がった所。舜が堯の二人の娘をめとった所。現在の山西省永済市にあるという。「汭」は、川が曲がって入りこんだ所。
10 乃使舜慎和五典。五典能從。乃徧入百官。百官時序、賓於四門。四門穆穆、諸侯遠方賓客皆敬。堯使舜入山林川澤。暴風雷雨、舜行不迷。堯以爲聖。
すなわしゅんをしてつつしみててんやわらげしむ。てんしたがう。すなわあまねひゃっかんらしむ。ひゃっかんじょし、もんひんせしむ。もん穆穆ぼくぼくたり、諸侯しょこう遠方えんぽう賓客ひんかくみなけいす。ぎょうしゅんをして山林さんりん川沢せんたくらしむ。暴風ぼうふうらいにも、しゅんきてまよわず。ぎょうもっせいす。
召舜曰、女謀事至、而言可績三年矣。女登帝位。
しゅんしていわく、なんじことはかることいたり、しこうしてげんせきとすきこと三年さんねんなんじていのぼれ、と。
舜讓於徳、不懌。正月上日、舜受終於文祖。文祖者堯大祖也。於是帝堯老、命舜攝行天子之政、以觀天命。
しゅんとくゆずり、よろこばず。しょうがつじょうじつしゅんおわりぶんく。ぶんとはぎょうたいなり。ここいてていぎょうろうし、しゅんめいじててんまつりごと摂行せっこうせしめ、もっ天命てんめいる。
11 舜乃在璿璣玉衡、以齊七政。遂類于上帝、禋于六宗、望于山川、辯于羣神。
しゅんすなわせんぎょくこうあきらかにし、もっ七政しちせいととのう。ついじょうているいし、六宗りくそういんし、山川さんせんぼうし、群神ぐんしんべんす。
揖五瑞、擇吉月日、見四嶽諸牧、班瑞。
ずいおさめ、吉月日きつげつじつえらび、がく諸牧しょぼくずいわかつ。
  • 牧 … 中華書局標点本では「牲」に作る。
歳二月、東巡狩、至於岱宗、祡、望秩於山川。
としがつひがしじゅんしゅし、岱宗たいそういたり、さいし、山川さんせん望秩ぼうちつす。
  • 祡 … 柴を焼いて天を祀ること。
遂見東方君長、合時月、正日、同律度量衡、脩五禮、五玉三帛二生一死爲摯、如五器、卒乃復。
つい東方とうほうくんちょうげつわせ、ただしゅうし、りつりょうこうおなじゅうし、れいおさめ、ぎょく三帛さんぱくせいいっし、五器ごきひとしゅうし、おわればすなわかえす。
五月、南巡狩、八月、西巡狩、十一月、北巡狩。皆如初。
がつみなみじゅんしゅし、はちがつ西にしじゅんしゅし、じゅういちがつきたじゅんしゅす。みなはじめのごとし。
歸至于祖禰廟、用特牛禮。五歳一巡狩、羣后四朝。徧告以言、明試以功、車服以庸。
かえりてでいびょういたり、とくぎゅうれいもちう。さいひとたびじゅんしゅし、群后ぐんこうたびちょうす。あまねぐるにげんもってし、あきらかにこころみるにこうもってし、車服しゃふくようもってす。
  • 祖禰 … 先祖と父のみたまや。
肇十有二州、決川。象以典刑、流宥五刑、鞭作官刑、扑作教刑、金作贖刑、眚烖過赦、怙終賊刑。欽哉、欽哉、惟刑之靜哉。
じゅうゆうしゅうはじめ、かわけっす。しょうするに典刑てんけいもってし、りゅうしてけいゆるし、むち官刑かんけいし、ぼくきょうけいし、きん贖刑とくけいし、せいさいあやまちはゆるし、しゅうぞくをばけいす。つつしめよや、つつしめよや、けいしずかにせんかな、と。
讙兜進言共工。堯曰不可。而試之工師。共工果淫辟。四嶽舉鯀治鴻水。
讙兜かんとうきょうこうすすう。ぎょういわく、不可ふかなり、と。しこうしてこれこうこころむ。きょうこうはたして淫辟いんぺきなり。がくこんげて鴻水こうずいおさめしめんとす。
堯以爲不可。嶽彊請試之。試之而無功。故百姓不便。
ぎょうもっ不可ふかす。がくいてこれこころみんとう。これこころみたれどもこうし。ゆえひゃくせい便べんとせず。
三苗在江淮荊州、數爲亂。
さんびょうこうわいけいしゅうりて、数〻しばしばらんす。
於是舜歸而言於帝、請流共工於幽陵、以變北狄、放驩兜於崇山、以變南蠻、遷三苗於三危、以變西戎、殛鯀於羽山、以變東夷。四辠而天下咸服。
ここいて、しゅんかえりてていい、うてきょうこう幽陵ゆうりょうに流し、もっ北狄ほくてきへんじ、驩兜かんとう崇山すうざんはなち、もっ南蛮なんばんへんじ、さんびょうさんうつし、もっ西せいじゅうへんじ、こんざんきょくし、もっとうへんず。ざいしててんみなふくす。
  • 咸 … 「みな」と読む。すべて。
12 堯立七十年得舜、二十年而老、令舜攝行天子之政、薦之於天。堯辟位凡二十八年而崩。
ぎょうちてしちじゅうねんにしてしゅんじゅうねんにしてろうし、しゅんをしててんまつりごと摂行せっこうせしめ、これてんすすむ。ぎょうくらいけておよじゅうはちねんにしてほうず。
百姓悲哀、如喪父母。三年、四方莫舉樂、以思堯。
ひゃくせいあいし、父母ふぼうしなうがごとし。さんねんほうがくぐるく、もっぎょうおもう。
堯知子丹朱之不肖、不足授天下。於是乃權授舜。
ぎょう丹朱たんしゅしょうにして、てんさずくるにらざるをる。ここいてすなわはかりてしゅんさずく。
授舜、則天下得其利、而丹朱病。授丹朱、則天下病而丹朱得其利。
しゅんさずくれば、すなわてんて、丹朱たんしゅまん。丹朱たんしゅさずくれば、すなわてんみて丹朱たんしゅん。
堯曰、終不以天下之病而利一人。而卒授舜以天下。
ぎょういわく、ついてんやまいもっ一人いちにんせじ、と。しこうしてついしゅんさずくるにてんもってす。
堯崩、三年之喪畢、舜讓辟丹朱於南河之南。
ぎょうほうじ、三年さんねんおわり、しゅんゆずりて丹朱たんしゅなんみなみく。
諸侯朝覲者不之丹朱而之舜、獄訟者不之丹朱而之舜、謳歌者不謳歌丹朱而謳歌舜。舜曰、天也夫。而後之中國踐天子位焉。是爲帝舜。
諸侯しょこうちょうきんするもの丹朱たんしゅかずしてしゅんき、ごくしょうするもの丹朱たんしゅかずしてしゅんき、おうするもの丹朱たんしゅおうせずしてしゅんおうす。しゅんいわく、てんなるかな、と。しこうしてのちちゅうごくき、てんくらいむ。これていしゅんす。
五帝本紀第一(黄帝) 五帝本紀第一(顓頊)
五帝本紀第一(高辛) 五帝本紀第一(堯帝)
五帝本紀第一(舜帝) 五帝本紀第一(賛)
楚元王世家第二十 司馬穣苴列伝第四
田単列伝第二十二