>   その他   >   老子   >   徳経:配天第六十八

老子:徳経:配天第六十八

配天第六十八
善爲士者不武。善戰者不怒。善勝者不。善用人者爲下。是謂不爭之徳、是謂用人之力、是謂配天之極
く士たる者は武ならず。善く戦う者は怒らず。善く敵に勝つ者はあらそわず。善く人をもちうる者はこれが下となる。これを不争の徳と謂い、これを人の力を用うと謂い、これを天の極にはいすと謂う。
  • 敵 … 四部叢刊所収河上公本では「戰」に作るが、道蔵所収河上公本・道蔵所収王弼本等に従い改めた。
  • 與 … 傅奕本では「爭」に作る。「與」も「爭」の意に用いられるので底本のままにした。
  • 之 … 四部叢刊所収河上公本にはないが、道蔵所収王弼本・傅奕本等にはあるので補った。
  • 配天之極 … 四部叢刊所収河上公本はじめ諸本において「配天之極」に作るが、「古」は衍文であろうという説(兪樾)に従った。
道経
體道第一 養身第二
安民第三 無源第四
虚用第五 成象第六
韜光第七 易性第八
運夷第九 能爲第十
無用第十一 檢欲第十二
猒恥第十三 賛玄第十四
顯徳第十五 歸根第十六
淳風第十七 俗薄第十八
還淳第十九 異俗第二十
虚心第二十一 益謙第二十二
虚無第二十三 苦恩第二十四
象元第二十五 重徳第二十六
巧用第二十七 反朴第二十八
無爲第二十九 儉武第三十
偃武第三十一 聖徳第三十二
辯徳第三十三 任成第三十四
仁徳第三十五 微明第三十六
爲政第三十七  
徳経
論徳第三十八 法本第三十九
去用第四十 同異第四十一
道化第四十二 偏用第四十三
立戒第四十四 洪徳第四十五
儉欲第四十六 鑒遠第四十七
忘知第四十八 任徳第四十九
貴生第五十 養徳第五十一
歸元第五十二 益證第五十三
修觀第五十四 玄符第五十五
玄徳第五十六 淳風第五十七
順化第五十八 守道第五十九
居位第六十 謙徳第六十一
爲道第六十二 恩始第六十三
守微第六十四 淳徳第六十五
後己第六十六 三寳第六十七
配天第六十八 玄用第六十九
知難第七十 知病第七十一
愛己第七十二 任爲第七十三
制惑第七十四 貪損第七十五
戒強第七十六 天道第七十七
任信第七十八 任契第七十九
獨立第八十 顯質第八十一