>   その他   >   六韜   >   戦歩第六十

六韜 戦歩第六十

武王問太公曰、歩兵車騎戰奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「歩兵、車騎しゃきたたかうにはいかん」。
  • 與 … 底本にはないが、『直解』にあるので補った。
太公曰、歩兵與車騎戰者、必依丘陵險阻、長兵強弩居前、短兵弱弩居後、止。敵之車騎雖衆而至、堅陣疾戰、材士強弩、以備我後。
太公たいこうわく、「歩兵、車騎と戦うには、必ず丘陵きゅうりょう険阻けんそり、長兵、強弩きょうどは前におき、短兵、弱弩じゃくどを後ろにおき、こもごも発しこもごめよ。敵の車騎、衆にして至るといえども、堅くじんく戦い、材士、強弩きょうど、もってわが後ろにそなえよ」。
  • 更 … 「かわるがわる」とも読む。
武王曰、吾無丘陵、又無險阻、敵人之至、既衆且武、車騎翼我兩旁、獵我前後、吾三軍恐怖、亂敗而走。爲之奈何。
おうわく、「われに丘陵なく、また険阻けんそなく、敵人の至ること、すでにおおくしてかつ、車騎、わが両旁りょうぼうはさみ、わが前後をらば、わが三軍恐怖し、乱れ敗れてはしらん。これをなすこといかん」。
太公曰、令我士卒爲行馬、木蒺藜、置牛馬隊伍、爲四武衝陣、望敵車騎將來、均置蒺藜、掘地匝後、廣深五尺。名曰命籠。人操行馬進歩、闌車以爲壘、推而前後、立而爲屯、材士、強弩、備我左右、然後令我三軍、皆疾戰而不解。
太公たいこうわく、「わが士卒をして行馬こうば木蒺藜もくしつれいつくり、牛馬の隊伍たいごを置き、四武しぶ衝陣しょうじんつくらしめ、敵の車騎のまさに来たれんとするを望みて、ひとしく蒺藜しつれいを置き、地を掘りて後ろにめぐらし、広深こうしん五尺とす。名づけて命篭めいろうと曰う。人ごとに行馬をりて進歩し、車をさえぎりてもってるいとなし、して前後し、立ててとなし、材士、強弩きょうど、わが左右に備え、しかるのちにわが三軍をして、みなく戦うておこたらず」。
武王曰、善哉。
おうわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十