>   その他   >   六韜   >   少衆第四十九

六韜 少衆第四十九

武王問太公曰、吾欲以少撃衆、以弱撃。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うていわく、「われ、すくなきをもっておおきを撃ち、弱きをもってつよきを撃たんとほっす。これをなすこといかん」。
  • 彊 … 『直解』では「強」に作る。
太公曰、以少撃衆者、必以日之暮、伏於深草、要之隘路。以弱撃者、必得大國與、隣國之助。
太公たいこういわく、「すくなきをもっておおきを撃つは、必ず日のくれをもって深草にふくし、これを隘路あいろに要せよ。弱きをもってつよきを撃つは、必ず大国のたすけと隣国の助けとをよ」。
  • 彊 … 『直解』では「強」に作る。
  • 之 … 底本では「而」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、我無深草、又無隘路、敵人已至、不適日暮、我無大國之與、又無隣國之助。爲之奈何。
おういわく、「われに深草なく、また隘路あいろなく、敵人すでに至り、にちあたらず、われに大国のたすけなく、また隣国りんごくたすけなし。これをなすこといかん」。
太公曰、妄張詐誘、以熒惑其將、迂其、令過深草、遠其路、令會日、前行未渡水、後行未及舎、發我伏兵、疾撃其左右、車騎擾亂其前後。敵人雖衆、其將可走。事大國之君、下鄰國之士、厚其幣、卑其辭。如此、則得大國之與、鄰國之助矣。
太公たいこういわく、「みだりにいつわいざない、もってそのしょう熒惑けいわくし、その道をげて深草をよぎらしめ、そのみちを遠くしてにちかいせしめ、前行ぜんこうはいまだ水を渡らず、後行こうこうはいまだしゃに及ばざるに、わが伏兵を発して、くその左右を撃ち、車騎その前後を擾乱じょうらんす。敵人おおしといえども、そのしょう走らすべし。大国のきみつかえ、隣国の士にくだり、そのへいを厚くし、その辞をひくくせよ。かくのごとくせば、すなわち大国のたすけ、隣国の助けをん」。
  • 道 … 『直解』では「途」に作る。
  • 暮 … 底本では「路」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、善哉。
おういわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十