>   その他   >   六韜   >   文師第一

六韜 文師第一

文王將田。史編布卜曰、田於渭陽、將大得焉。非龍、非彲、非虎、非羆。兆得公侯。天遺汝師、以之佐昌、施及三王。文王曰、兆致是乎。史編曰、編之太祖史疇爲占得皐陶。兆比於此。
文王ぶんおうまさにかりせんとす。史編しへんぼくきてわく、「渭陽いようかりせば、まさに大いにるあらんとす。りゅうにあらず、みずちにあらず、とらにあらず、にあらず。ちょう公侯こうこうん。天、汝に師をおくり、これをもってしょうたすけ、きて三王さんおうに及ばん」。文王わく、「ちょう、これを致せるか」。史編わく、「編の太祖史疇しちゅうしゅんのためにうらないて皐陶こうようを得たり。ちょう、これにす」。
  • 渭陽 … 渭水の北。
  • 舜 … 底本では「禹」に作るが、『直解』に従い改めた。
文王乃齋三日、乗田車、駕田馬、田於渭陽。卒見太公坐茅以漁。文王勞而問之曰、子樂漁。太公曰、君子樂得其志。少人樂得其事。今吾漁、甚有似也。文王曰、何謂其有似也。太公曰、釣有三權。禄等以權、死等以權、官等以權。夫釣以求得也。其情深。可以觀大矣。文王曰、願聞其情。太公曰、源深而水流、水流而魚生之情也。根深而木長、木長而實生之情也。君子情同而親合、親合而事生之情也。言語應對者情之飾也。言至情者事之極也。今臣言至情不諱、君其惡之乎。文王曰、唯仁人能受諌不惡至情。何爲其然。
文王ぶんおう、すなわちさいすること三日みっか田車でんしゃに乗り、田馬でんばして渭陽いようかりす。ついに太公たいこうぼうに坐してもってぎょするを見る。文王ねぎらいてこれに問うてわく、「子、ぎょを楽しむか」。太公わく、「君子はそのこころざしるを楽しみ、少人しょうじんはそのことるを楽しむ。今、わがぎょするもはなはだたるあり」。文王わく、「何をかそれたりありと謂う」。太公わく、「つり三権さんけんあり。ろくにも等しくもってけんし、死にも等しくもって権し、かんにも等しくもって権す。それ釣はもってるを求むるなり。そのじょう深し。もって大をるべし」。文王わく、「願わくはそのじょうを聞かん」。太公わく、「みなもと深くして水流れ、水流れてうおこれに生ずるは、じょうなり。深くして木ちょうじ、木ちょうじてこれに生ずるは、じょうなり。君子はじょう同じくしてしんごうし、しんごうしてことこれに生ずるは、じょうなり。言語応対おうたいは、じょうかざりなり。至情しじょうを言うは、こときわみなり。今、しん至情しじょうを言いてまず、きみそれこれをにくまんか」。文王わく、「ただ仁人じんじんのみよく正諌せいかんを受けて至情しじょうにくまず。なんすれぞそれからん」。
  • 邪 … 『直解』では「耶」に作る。
  • 君子樂得其志 … 底本では「臣聞君子樂得其志」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 甚有似也 … 底本では「甚有似也殆非樂之也」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 正 … 底本では「至」に作るが、『直解』に従い改めた。
太公曰、緡微餌明、小魚食之、緡餌香、中魚食之、緡隆餌豐、大魚食之。夫魚食其餌、乃牽於緡、人食其禄、乃服於君。故以餌取魚、魚可殺。以禄取人、人可竭。以家取國、國可拔。以國取天下、天下可畢。嗚呼、曼曼綿綿、其聚必散。嘿嘿昧昧、其光必遠。微哉、聖人之徳、誘乎獨見。樂哉、聖人之慮、各歸其次而斂焉。
太公たいこうわく、「いとにしてえさ明らかなれば、小魚しょうぎょこれをみ、いとちゅうにしてえさかんばしければ、中魚ちゅうぎょこれをみ、いとさかんにしてえさ豊かならば、大魚たいぎょこれをむ。それうおはそのえさみて、すなわちいとかれ、人はそのろくみて、すなわちきみふくす。ゆえにえさをもってうおを取れば、うお殺すべし。ろくをもって人を取れば、人つくすべし。家をもって国を取れば、国くべし。国をもって天下を取れば、天下つくすべし。嗚呼ああ曼曼まんまん綿綿めんめんたるも、そのしゅう必ずさんず。嘿嘿もくもく昧昧まいまいたるも、そのひかり必ず遠し。なるかな聖人の徳、誘乎ゆうことしてひとりあらわる。楽しきかな聖人のりょ、おのおのそのに帰してれんつ」。
  • 綢 … 底本では「調」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 立 … 底本では「樹」に作るが、『直解』に従い改めた。
文王曰、斂何若而天下歸之。太公曰、天下非一人之天下、乃天下之天下也。同天下之利者、則得天下、擅天下之利者、則失天下。天有時、地有財。能與人共之者仁也。仁之所在、天下歸之。免人之死、解人之難、救人之患、濟人之急者徳也。徳之所在、天下歸之。與人同憂、同樂、同好、同惡者、義也。義之所在、天下赴之。凡人惡死而樂生、好徳而歸利。能生利者道也。道之所在、天下歸之。
文王ぶんおうわく、「れんつることいかにして、天下これに帰せん」。太公たいこうわく、「天下は一人いちにんの天下にあらず、すなわち天下の天下なり。天下のを同じくする者は、すなわち天下を、天下の利をほしいままにする者は、すなわち天下を失う。天にときあり、地にざいあり。よく人とこれをともにする者はじんなり。仁のあるところは、天下これにす。人の死をのがれしめ、人のなんき、人のかんを救い、人のきゅうすくう者は徳なり。徳のあるところは、天下これにす。人と憂いを同じくし、楽しみを同じくし、このみを同じくし、にくみを同じくする者はなり。義のあるところは、天下これにおもむく。およそ人は死をにくみてせいを楽しみ、徳を好みて利に帰す。よくせい利せしむる者はみちなり。道のあるところは、天下これにす」。
  • 立 … 底本では「樹」に作るが、『直解』に従い改めた。
文王再拜曰、允哉、敢不受天之詔命乎。乃載與倶歸、立爲師。
文王再拝さいはいしてわく、「まことなるかな、あえて天の詔命しょうめいを受けざらんや」。すなわちせてともにともに帰り、立ててとなす。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十