>   その他   >   六韜   >   戦車第五十八

六韜 戦車第五十八

武王問太公曰、戰車奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「戦車せんしゃはいかん」。
太公曰、歩貴知變動、車貴知地形、騎貴知別徑奇道。三軍同名而異用也。凡車之、死地有十、勝地有八。
太公たいこうわく、「は変動を知るをたっとび、しゃは地形を知るをたっとび、別径べっけい奇道を知るをたっとぶ。三軍、名を同じうして用をことにするなり。およそしゃの戦いは、死地しち十あり、勝地しょうち八あり」。
  • 戰 … 底本にはないが、『直解』にあるので補った。
武王曰、十死之地奈何。
おうわく、「十死の地はいかん」。
太公曰、往而無以還者、車之死地也。越絶險阻、乗敵遠行者、車之竭地也。前易後險者、車之困地也。陷之險阻而難出者、車之絶地也。
太公たいこうわく、「きてもってかえるなきは、しゃの死地なり。険阻を越絶えつぜつし、敵の遠行えんこうに乗ずるは、車の竭地けっちなり。前はにして後ろは険なるは、車の困地こんちなり。これを険阻におとしいれてで難きは、車の絶地ぜっちなり。
圯下漸澤、黒土黏埴者、車之勞地也。左險右易、上陵仰阪者、車之逆地也。殷草横畝、犯歴澤者、車之拂地也。車少地易、與歩不敵者、車之敗地也。後有溝瀆、左有深水、右有峻阪者、車之壞地也。日夜霖雨、旬日不止、道路潰陷、前不能進、後不能解者、車之陷地也。此十者、車之死地也。故拙將之所以見擒、明將之所以能避也。
圯下いか漸沢ぜんたく、黒土黏埴ねんしょくするは、しゃの労地なり。左は険、右はおかに上りさかを仰ぐは、車の逆地なり。殷草いんそうに横たわり、浚沢しゅんたく犯歴はんれきするは、車の払地ふっちなり。しゃ少く地にして、と敵せざるは、車の敗地はいちなり。後ろに溝瀆こうとくあり、左に深水あり、右に峻阪しゅんぱんあるは、車の壊地かいちなり。日夜霖雨りんうし、旬日じゅんじつまず、道路潰陥かいかんして、前は進むことあたわず、後ろはくことあたわざるは、車の陥地かんちなり。この十の者は、車の死地なり。ゆえに拙将せっしょうとりことせらるるゆえんにして、明将めいしょうのよくくるゆえんなり」。
  • 浚 … 底本では「深」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、八勝之地奈何。
おうわく、「八勝の地とはいかん」。
太公曰、敵之前後、行陳未定、即陷之。旌旗擾亂、人馬數動、即陷之。士卒或前或後、或左或右、即陷之。陳不堅固、士卒前後相顧、即陷之。前往而疑、後而怯、即陷之。三軍卒驚、皆薄而起、即陷之。戰於易地、暮不能解、即陷之。遠行而暮舎、三軍恐懼、即陷之。此八者、車之勝地也。將明於十害八勝、敵雖圍周、千乗萬騎、前驅旁馳、萬戰必勝。
太公たいこうわく、「敵の前後、行陳こうじんいまだ定まらざるは、すなわちこれをおとしいれよ。せい擾乱じょうらんし、人馬しばしば動くは、すなわちこれをおとしいれよ。士卒あるいはすすみ、あるいは後れ、あるいは左し、あるいは右するは、すなわちこれをおとしいれよ。じん堅固けんごならず、そつ前後あいかえりみるは、すなわちこれをおとしいれよ。前にきて疑い、後ろにきておそるるは、すなわちこれをおとしいれよ。三軍にわかに驚き、みなせまりて起つは、すなわちこれをおとしいれよ。易地いちに戦い、くれくことあたわざるは、すなわちこれをおとしいれよ。遠く行きてくれしゃし、三軍きょうするは、すなわちこれをおとしいれよ。この八者は、車の勝地なり。しょう、十害八勝に明らかなれば、敵囲周いしゅうし、せんじょう万騎ばんきなりといえども、前にかたわらせて、万戦ばんせん必ずつ」。
  • 往 … 底本では「恐」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、善哉。
おうわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十