>   その他   >   六韜   >   奇兵第二十七

六韜 奇兵第二十七

武王問太公曰、凡用兵之、大要何如。太公曰、古之善戰者、非能戰於天上、非能戰於地下。其成與敗、皆由神勢。得之者昌、失之者亡。
おう太公たいこうに問うてわく、「およそ兵をもちうるの法は、大要たいよういかん」。太公たいこうわく、「いにしえのよく戦う者は、よく天上に戦うにあらず、よく地下に戦うにあらず。そのせいはいとは、みな神勢しんせいによる。得之者昌、失之者亡。
  • 法 … 底本では「道」に作るが、『直解』に従い改めた。
夫兩陳之間、出甲陳兵、縱卒亂行者、所以爲變也。深草蓊蘙者、所以遁逃也。谿谷險阻者、所以止車禦騎也。隘塞山林者、所以少撃衆也。坳澤窈冥者、所以匿其形也。清明無隱者、所以戰勇力也。
それ両陳りょうじんかんこうだし兵をつらね、そつはなこうを乱すは、変をなすゆえんなり。深草しんそう蓊蘙おうえいたるは、遁逃とんとうするゆえんなり。渓谷けいこく険阻けんそなるは、しゃを止めふせぐゆえんなり。隘塞あいそく山林は、しょうもてしゅうを撃つゆえんなり。坳沢おうたく窈冥ようめいなるは、その形をかくすゆえんなり。清明せいめいにして隠るるなきは、勇力ゆうりょくたたかわしむるゆえんなり。
  • 遁逃 … 底本では「逃遁」に作るが、『直解』に従い改めた。
疾如流矢、如發機者、所以破精微也。詭伏設奇、遠張誑誘者、所以破軍擒將也。四分五裂者、所以撃圓破方也。因其驚駭者、所以一撃十也。因其勞倦暮舎者、所以十撃百也。奇者、所以越深水渡江河也。弩長兵者、所以踰水戰也。
はやきこと流矢りゅうしのごとく、つことを発するがごとくなるは、精微せいびを破るゆえんなり。ふくいつわを設け、遠くあざむき誘うは、軍を破りしょうとりこにするゆえんなり。四分しぶん五裂ごれつするは、えんを撃ちほうを破るゆえんなり。その驚駭きょうがいによるは、一もて十を撃つゆえんなり。その労倦ろうけん暮舎ぼしゃによるは、十もて百を撃つゆえんなり。奇技きぎは、深水を越え江河こうがを渡るゆえんなり。強弩きょうど長兵ちょうへいは、水をえてたたかうゆえんなり。
  • 撃 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 技 … 底本では「伎」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 強 … 底本では「彊」に作るが、『直解』に従い改めた。
長關遠候、暴疾謬遁者、所以降城服邑也。鼓行囂者、所以行奇謀也。大風甚雨者、所以搏前擒後也。僞稱敵使者、所以絶糧道也。謬號令、與敵同服者、所以備走北也。
長関ちょうかん遠候えんこう暴疾ぼうしつ謬遁びゅうとんするは、城をくだゆうを服するゆえんなり。鼓行ここう讙囂けんごうするは、奇謀きぼうを行なうゆえんなり。大風甚雨じんうは、前をうしろとりこにするゆえんなり。いつわりて敵の使いとしょうするは、糧道りょうどうを絶つゆえんなり。号令をいつわりて、敵と服を同じくするは、走北そうほくそなうるゆえんなり。
  • 讙 … 底本では「喧」に作るが、『直解』に従い改めた。
戰必以義者、所以勵衆勝敵也。尊爵重賞者、所以勸用命也。嚴刑重罰者、所以進罷怠也。一喜一怒、一一奪、一文一武、一徐一疾者、所以調和三軍、制一臣下也。
戦うに必ず義をもってするは、しゅうはげまし敵に勝つゆえんなり。しゃくたっとしょうを重んずるは、めいもちうるをすすむるゆえんなり。刑をげんにし罰を重んずるは、罷怠ひたいを進むゆえんなり。一喜いっき一怒いちど一予いちよ一奪いちだつ一文いちぶん一武いちぶ一徐いちじょ一疾いっしつなるは、三軍を調和し、臣下を制一せいいつするゆえんなり。
  • 予 … 底本では「與」に作るが、『直解』に従い改めた。
處高敝者、所以警守也。保險阻者、所以爲固也。山林茂穢者、所以黙徃來也。深溝高壘、粮多者、所以持久也。
高敝こうしょうに処るは、警守けいしゅするゆえんなり。険阻けんそを保つは、固めをなすゆえんなり。山林茂穢ぼうあいなるは、往来をもくするゆえんなり。深溝しんこう高塁こうるいにして積糧せきりょう多きは、持久じきゅうするゆえんなり。
  • 險阻 … 底本では「阻險」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 積 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
故曰、不知戰攻之策、不可以語敵。不能分移、不可以語奇。不通治亂、不可以語變。
ゆえにわく、戦攻せんこうさくを知らずんば、もって敵を語るべからず。分移ぶんいするあたわずんば、もってを語るべからず。治乱ちらんに通ぜずんば、もってへんかたるべからず。
故曰、將不仁、則三軍不親。將不勇、則三軍不鋭。將不智、則三軍大疑。將不明、則三軍大傾。將不精微、則三軍失其機。將不常戒、則三軍失其備。將不力、則三軍失其職。
ゆえにわく、しょう、仁ならざればすなわち三軍したしまず。しょう、勇ならざればすなわち三軍えいならず。しょう、智ならざればすなわち三軍大いに疑う。しょうめいならざればすなわち三軍大いにかたむく。しょう精微せいびならざればすなわち三軍その機を失う。しょう、常にいましめざればすなわち三軍その備えを失う。しょう、強力ならざればすなわち三軍そのしょくうしなう。
  • 強 … 底本では「彊」に作るが、『直解』に従い改めた。
故將者人之司命。三軍與之倶治、與之倶亂。得賢將者、兵國昌、不得賢將者、兵弱國亡。武王曰、善哉。
ゆえにしょうは人の司命しめいなり。三軍これとともに治まり、これとともに乱る。賢将けんしょうる者は兵強く国さかえ、賢将けんしょうざる者は兵弱く国ほろぶ」。おうわく、「いかな」。
  • 強 … 底本では「彊」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十