>   その他   >   六韜   >   練士第五十三

六韜 練士第五十三

武王問太公曰、練士之道奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「練士れんしの道はいかん」。
太公曰、軍中有大勇敢死樂傷者、聚爲一卒、名曰冐刃之士。
太公たいこうわく、「軍中に大勇たいゆう敢死かんしにして傷つくを楽しむ者あれば、あつめて一卒となし、名づけて冒刃ぼうじんの士とう。
  • 大勇 … 『直解』では「大勇」に作る。
有鋭氣壯勇暴者、聚爲一卒、名曰陷陳之士。
鋭気壮勇そうゆう彊暴きょうぼうなる者あれば、あつめて一卒となし、名づけて陥陳かんじんの士とう。
  • 大勇 … 『直解』では「強」に作る。
有奇表長劒、接武齊列者、聚爲一卒、名曰勇鋭之士。
奇表きひょう長剣、武を接し列をひとしくする者あれば、あつめて一卒となし、名づけて勇鋭ゆうえいの士とう。
有披距伸鈎、梁多力、潰破金皷、絶滅旌旗者、聚爲一卒、名曰勇力之士。
きょひらこうを伸べ、彊梁きょうりょう多力にして、金鼓きんこ潰破かいはし、せいを絶滅する者あれば、あつめて一卒となし、名づけて勇力ゆうりょくの士とう。
  • 大勇 … 『直解』では「強」に作る。
有踰高絶遠、輕足善走者、聚爲一卒、名曰寇兵之士。
高きをえ遠きをわたり、軽足にして善く走る者あれば、あつめて一卒となし、名づけて寇兵こうへいの士とう。
有王臣失勢、欲復見功者、聚爲一卒、名曰死闘之士。
王臣おうしんせいを失い、また功をあらわさんと欲する者あれば、あつめて一卒となし、名づけて死闘の士とう。
有死將之人子弟、欲其將報仇者、聚爲一卒、名曰死憤之士。
死将ししょうの人の子弟にして、そのしょうのためにあだむくいんと欲する者あれば、あつめて一卒となし、名づけて死憤しふんの士とう。
  • 爲 … 底本では「與」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 死憤 … 底本では「敢死」に作るが、『直解』に従い改めた。
有贅婿人虜、欲掩迹揚名者、聚爲一卒、名曰勵鈍之士。
贅婿ぜいせい人虜じんりょにして、あとおおい名をげんと欲する者あれば、あつめて一卒となし、名づけて励鈍れいどんの士とう。
有貧窮怒、欲快其者、聚爲一卒、名曰必死之士。
貧窮ひんきゅうにして憤怒ふんどし、その志を快くせんと欲する者あれば、あつめて一卒となし、名づけて必死ひっしの士とう。
  • この一文、『直解』では「有贅婿人虜」の前にあり。
  • 憤 … 『直解』では「忿」に作る。
  • 志 … 底本では「心」に作るが、『直解』に従い改めた。
有胥靡免罪之人、欲逃其耻者、聚爲一卒、名曰用之士。
胥靡しょび免罪の人にして、その恥を逃れんと欲する者あれば、あつめて一卒となし、名づけて倖用こうようの士とう。
  • 倖 … 『直解』では「幸」に作る。
有材技兼人、能負重致遠者、聚爲一卒、名曰待命之士。
材技ざいぎ、人をね、よく重きを負い遠きを致す者あれば、あつめて一卒となし、名づけて待命たいめいの士とう。
此軍之練士、不可不察也。
これ軍の練士れんしなり、さっせざるべからざるなり」。
  • 練士 … 底本では「服習」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十