>   その他   >   六韜   >   林戦第四十三

六韜 林戦第四十三

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、遇大林、與敵分林相拒、吾欲以守則固、以戰則勝。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うていわく、「兵を引いて深く諸侯の地にり、大林たいりんい、敵と林を分かちてあいふせぐに、われもって守ればすなわち固く、もって戦わばすなわち勝たんとほっす。これをなすこといかん」。
  • 敵分 … 『直解』では「敵分」に作る。
太公曰、使吾三軍分爲衝陳、便兵所處、弓弩爲表、戟楯爲裏、斬除草木、極廣吾道、以便戰所、高置旌旗、謹勅三軍、無使敵人知吾之情。是謂林戰。
太公たいこういわく、「わが三軍をして、分かちて衝陳しょうじんをなし、兵のおる所に便べんならしめ、弓弩きゅうどを表となし、戟楯げきじゅんを裏となし、草木を斬除ざんじょし、きわめてわが道を広くし、もって戦所を便べんにし、高くせいを置き、謹んで三軍をいましめ、敵人をしてわが情を知らしむるなかれ。これを林戦とう。
林戰之法、率吾矛戟、相與爲伍、林間木踈、以騎爲輔、戰車居前、見便則戰、不見便則止。林多險阻、必置衝陳、以備前後。三軍疾戰、敵人雖衆、其將可走。更戰更息、各按其部。是謂林戰之紀。
林戦の法は、わが矛戟ぼうげきを率いて、あいともに伍をなし、林間木踈きそなれば、をもってとなし、戦車は前におり、便べんを見ればすなわち戦い、便を見ざればすなわちとどまれ。林に険阻けんそ多ければ、必ず衝陳しょうじんを置き、もって前後に備えよ。三軍く戦わば、敵人おおしといえども、そのしょう走らすべし。こもごも戦いこもごいこい、おのおのその部をあんず。これを林戦のう」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十