>   その他   >   六韜   >   王翼第十八

六韜 王翼第十八

武王問太公曰、王者帥師、必有股肱羽翼、以成威神。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「王者おうじゃ、師をひきいるに、必ず股肱ここう羽翼うよくありてもって威神いしんす。これをなすこといかん」。
太公曰、凡舉兵師、以將爲命。命在通達。不守一術、因能職、各取所長、隨時變化、以爲綱紀。故將有股肱羽翼七十二人、以應天道。備數如法、審知命理、殊能異技、萬事畢矣。
太公たいこうわく、「およそ兵をげ師をひきいるに、しょうをもってめいとなす。命は通達つうたつにあり。一術いちじゅつを守らず、のうによって職をさずけ、おのおの長ずるところを取り、時に随って変化し、もって綱紀こうきとなす。ゆえにしょう股肱ここう羽翼うよく七十二人ありて、もって天道に応ず。かずそなうること法のごとくし、つまびらかに命理めいりを知り、のうことにしことにして、万事わる」。
  • 帥 … 『直解』にはこの字なし。
  • 授 … 底本では「受」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、請問其目。太公曰、腹心一人、主謀應卒、揆消變、攬計謀、保全民命。
おうわく、「うそのもくを問わん」。太公たいこうわく、「腹心ふくしん一人、ぼうたすけ卒に応じ、天をはかり変を消し、計謀けいぼう総攬そうらんし、民命みんめい保全ほぜんするをつかさどる。
  • 贊 … 底本では「潜」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 天 … 底本では「夫」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 總 … 底本では「揔」に作るが、『直解』に従い改めた。
謀士五人、主安危、慮未萌、論行能、明賞罰、授官位、决嫌疑、定可否。
謀士ぼうし五人、安危あんきを図り、未萌みぼうおもんぱかり、行能こうのうを論じ、賞罰を明らかにし、官位をさずけ、嫌疑けんぎを決し、可否かひを定むるをつかさどる。
  • 圖 … 底本では「mojikyo_font_071173」に作るが、『直解』に従い改めた。
天文三人、主司星暦、候風氣、推時日、考符驗、校異、知心去就之機。
天文てんもん三人、星暦せいれきつかさどり、風気ふうきうかがい、時日じじつし、符験ふけんを考え、災異さいいはかり、天心てんしん去就きょしゅうの機を知ることをつかさどる。
  • 災 … 底本では「灾」に作る。「災」の本字。
  • 天 … 底本では「人」に作るが、『直解』に従い改めた。
地利三人、主行止形勢、利害消息、遠近險易、水涸山阻、不失地利。
地利ちり三人、軍のこう形勢けいせい、利害の消息、遠近険易けんい水涸すいこ山阻さんそ、地の利を失わざるをつかさどる。
  • 軍 … 底本では「軍」に作るが、『直解』に従い改めた。
兵法九人、主講論異同、行事成敗、簡練兵器、刺舉非法。
兵法へいほう九人、異同を講論し、成敗を行事し、兵器を簡練かんれんし、非法ひほう刺挙しきょするをつかさどる。
四人、主度飲食、蓄積、通道、致五穀、令三軍不困乏。
通糧つうりょう四人、飲食をはかり、蓄積ちくしを備え、りょうどうを通じ、こくを致し、三軍をして困乏こんぼうせざらしむるをつかさどる。
  • 糧 … 『直解』では「粮」に作る。
  • 備 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
奮威四人、主擇才力、論兵革、風馳電掣、不知所由。
奮威ふんい四人、才力さいりきえらび、兵革へいかくを論じ、風馳ふうち電掣でんせいるところを知らざらしむるをつかさどる。
伏旗鼓三人、主伏旗鼓、明耳目、詭符、謬號令、闇忽徃來、出入若神。
伏旗鼓ふくきこ三人、旗鼓きこせ、もくを明らかにし、符印ふいんいつわり、号令をいつわり、闇忽あんこつとして往来おうらいし、出入すること神のごとくなるをつかさどる。
  • 印 … 底本では「節」に作るが、『直解』に従い改めた。
股肱四人、主任重持難、修溝、治壁壘、以備守禦。
股肱ここう四人、重きににんじ難きを持し、溝塹こうざんを修め、壁塁へきるいを治め、もって守禦しゅぎょそなうるをつかさどる。
  • 塹 … 底本では「壍」に作るが、『直解』に従い改めた。
通才二人、主拾遺補過、應偶賓客、論議談語、消患結。
通才つうさい二人、を拾いおぎない、賓客ひんきゃく応偶おうぐうし、論議談語だんごし、かんを消しけつくをつかさどる。
  • 解 … 底本では「鮮」に作るが、『直解』に従い改めた。
權士三人、主行奇譎、設殊異、非人所識、行無窮之變。
権士けんし三人、奇譎きけつを行い、殊異しゅいを設け、人のるところにあらずして、きゅうへんを行なうをつかさどる。
耳目七人、主往來聽言視變、覽四方之事、軍中之情。
もく七人、往来おうらいして言を聴きへん、四方のこと、軍中のじょうるをつかさどる。
爪牙五人、主揚威武、激勵三軍、使冒難攻鋭、無所疑慮。
爪牙そうが五人、威武いぶげ、三軍を激励し、なんおかえいを攻めて、疑慮ぎりょするところなからしむるをつかさどる。
羽翼四人、主揚名譽、震遠方、四境、以弱敵心。
羽翼うよく四人、名誉をげ、遠方をふるわし、四境しきょうを動かし、もって敵の心を弱くするをつかさどる。
  • 動 … 底本では「動」に作るが、『直解』に従い改めた。
遊士八人、主伺姦候變、開闔人情、觀敵之意、以爲間諜。
遊士ゆうし八人、かんうかがへんうかがい、人情を開闔かいこうし、敵の意をて、もって間諜かんちょうをなすをつかさどる。
術士二人、主爲譎詐、依託鬼神、以惑衆心。
術士じゅっし二人、譎詐けつさをなし、鬼神きしん依託いたくし、もってしゅうの心をまどわすをつかさどる。
方士三人、主百藥、以治金瘡、以痊萬病。
方士ほうし三人、百薬ひゃくやく、もって金瘡きんそうを治め、もって万病をいやすをつかさどる。
二人、主會計三軍營食、財用出入。
法算ほうさん二人、三軍の営塁えいるい糧食りょうしょく財用ざうようの出入を会計するをつかさどる」。
  • 算 … 底本では「筭」に作る。
  • 會計 … 底本では「計會」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 壘 … 底本では「壁」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 糧 … 『直解』では「粮」に作る。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十