>   その他   >   六韜   >   軍勢第二十六

六韜 軍勢第二十六

武王問太公曰、攻伐之道奈何。太公曰、因敵家之動、變生於兩陳之間、奇正發於無窮之源。故至事不語、用兵不言。且事之至者、其言不足聽也。兵之用者、其状不見也。倏而往、忽而來、能獨專而不制者兵也。聞則議、見則圖、知則困、辨則危。
おう太公たいこうに問うていわく、「攻伐こうばつの道はいかん」。太公たいこういわく、「せい敵家てきかの動くにより、へん両陳りょうじんかんに生じ、奇正きせいきゅうみなもとに発す。ゆえに至事しじは語らず、用兵は言わず。かつことの至りは、そのげん聴くに足らざるなり。兵のようは、そのじょう見るに足らざるなり。たちまちにして往き、たちまちにして来たり、よくひとりせんにしてせいせられざる者は兵なり。聞けばすなわちし、見ればすなわちはかり、知ればすなわちくるしめ、弁ずればすなわちあやうくす。
  • 勢 … 底本では「資」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 足 … 『直解』では「定」に作る。
  • 聞則議 … 底本では「夫兵聞則議」に作るが、『直解』に従い改めた。
故善戰者、不待張軍。善除患者、理於未生。勝敵者、勝於無形。上戰無與戰。故爭勝於白刃之前者、非良將也。設備於已失之後者、非上聖也。智與衆同、非國師也、技與衆同、非國工也。
ゆえによく戦う者は、軍をるをたず。よくわざわいを除く者は、いまだ生ぜざるにおさむ。よく敵に勝つ者は、形なきに勝つ。上戦じょうせんはともに戦うなし。ゆえにしょう白刃はくじんの前に争う者は、良将りょうしょうにあらざるなり。備えをすでに失えるののちもうくる者は、上聖じょうせいにあらざるなり。しゅうと同じきは、国師にあらざるなり。しゅうと同じきは、国工こくこうにあらざるなり。
  • 善 … 『直解』にはこの字なし。
事莫大於必克、用莫大於玄黙、動莫大於不意、謀莫大於不識。夫先勝者、先見弱於敵而後戰者也。故半而功倍焉。聖人徴於天地之動。孰知其紀。循陰陽之道、而從其候。當天地盈縮、因以爲常。物有死生、因天地之形。
こと必克ひっこくよりも大なるはなく、よう玄黙げんもくよりも大なるはなく、どうは不意よりも大なるはなく、ぼう不識ふしきよりも大なるはなし。それ先ず勝つ者は、先ずじゃくを敵にしめしてのちに戦う者なり。ゆえになかばにして功は倍す。聖人は天地の動きにちょうす。たれかそのを知らん。陰陽の道にしたがって、その候に従う。天地の盈縮えいしゅくに当って、よってもってじょうとなす。物にせいあり、天地のかたちによる。
  • 動莫大 … 底本では「動莫」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 謀莫大 … 底本では「謀莫」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 士 … 底本では「事」に作るが、『直解』に従い改めた。
故曰、未見形而戰、雖衆必敗。善戰者、居之不撓。見勝則起、不勝則止。故曰、無恐懼、無猶豫。用兵之害、猶豫最大。三軍之災、莫過狐疑。
ゆえにいわく、いまだ形を見ずして戦わば、おおしといえども必ずやぶれん。よく戦う者は、これに居りてみだれず。しょうを見ればすなわちち、勝たざればすなわちむ、と。ゆえにいわく、きょうするなかれ。猶予ゆうよするなかれ。兵をもちうるの害は、猶予ゆうよ最大なり。三軍のわざわいは、狐疑こぎぐるはなし、と。
者、見利不失、遇時不疑。失利後時、反受其殃。故智者從之而不、巧者一决而不猶豫。是以疾雷不及掩耳、迅電不及瞑目。赴之若驚、用之若狂。當之者破、近之者亡。孰能禦之。
よく戦う者は、利を見て失わず、時にいて疑わず。利を失い時に後るれば、かえってそのわざわいを受く。ゆえに智者はこれに従って失わず、巧者こうしゃ一決いっけつして猶予ゆうよせず。ここをもって疾雷しつらいも耳をおおうに及ばず、迅電じんでんも目をめいするに及ばず。これにおもむくこと驚くがごとく、これをもちうること狂うがごとし。これに当たる者は破れ、これに近づく者はほろぶ。たれかよくこれをふせがん。
  • 戰 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 失 … 底本では「釋」に作るが、『直解』に従い改めた。
夫將有所不言而守者神也。有所不見而視者明也。故知神明之道者、野無敵、對無立國。武王曰、善哉。
それしょう、言わずして守るところある者はしんなり。見ずしてるところある者はめいなり。ゆえに神明の道を知る者は、横敵おうてきなく、たい立国りっこくなし」。おういわく、「いかな」。
  • 横 … 底本では「衡」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十