>   その他   >   六韜   >   将威第二十二

六韜 将威第二十二

武王問太公曰、將何以爲威、何以爲明、何以爲禁止、而令行。
おう太公たいこうに問うていわく、「しょうは何をもってとなし、何をもって明となし、何をもって禁止となして、れい行なわれん」。
太公曰、將以誅大爲威、以賞小爲明、以罰審爲禁止、而令行。故殺一人而三軍震者殺之、賞一人而萬人説者賞之。
太公たいこういわく、「しょうは大をちゅうするをもってとなし、小を賞するをもってめいとなし、罰つまびらかなるをもって禁止となして、れい行なわる。ゆえに一人を殺して三軍ふるう者はこれを殺し、一人を賞して万人よろこぶ者はこれをしょうす。
殺貴大、賞貴小。殺當路貴重之、是刑上極也。賞及牛竪、馬洗、廐養之徒、是賞下通也。刑上極、賞下通、是將威之所行也。
殺すは大をたっとび、賞するは小をたっとぶ。その当路とうろ貴重の人を殺すは、これけいかみに極まるなり。しょう牛竪ぎゅうじゅ馬洗ばせん廐養きゅうようの徒に及ぶは、これしょうしもに通ずるなり。刑かみに極まり、賞しもに通ずるは、これしょうおこなわるるところなり。
  • 其 … 底本では「及」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 人 … 底本では「臣」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十