>   その他   >   六韜   >   五音第二十八

六韜 五音第二十八

武王問太公曰、律音之聲、可以知三軍之消息、勝負之决乎。太公曰、深哉、王之問也。夫律管十二、其要有五音。宮、商、角、徴、羽。此正聲也。萬代不易、五行之神、道之常也。、木、水、火、土、各以其勝攻
おう太公たいこうに問うてわく、「律音りつおんこえは、もって三軍の消息、勝負のけつを知るべきか」。太公たいこうわく、「深いかな、王の問いや。それ律管りつかんは十二、そのよう五音ごおんあり。きゅうしょうかく。これ真の正声せいせいなり。万代ばんだい不易ふえきぎょうしんにして、みちつねなり。きんもくすい、おのおのそのしょうをもってむるなり。
  • 眞 … 底本では「其」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 金 … 底本では「可以知敵金」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 也 … 底本では「之」に作るが、『直解』に従い改めた。
古者三皇之世、虚無之情、以制剛、無有文字、皆由五行。五行之道、天地自然、六甲之分、微妙之神。其法以天清淨無陰雲風雨、夜半遣輕騎、徃至敵人之壘、去九百歩外、徧持律管、當耳大呼驚之。
古者いにしえ三皇さんこうの世は、虚無の情、もって剛強ごうきょうせいし、文字あることなく、みなぎょうれり。ぎょうの道は、天地の自然にして、六甲ろっこうぶん微妙びみょうしんなり。その法はてん清浄せいじょうにして陰雲いんうん風雨なきをもって、はん軽騎けいきり、きて敵人のるいに至り、去ること九百歩のそとにして、あまねく律管りつかんを持ち、耳に当て大いに呼んでこれをおどろかす。
  • 強 … 底本では「彊」に作るが、『直解』に従い改めた。
有聲應管。其來甚微。角聲應管、當以白虎。徴聲應管、當以玄武。商聲應管、當以朱雀。羽聲應管、當以勾陳。五管聲盡不應者宮也。當以青龍。此五行之符、佐勝之徴、成敗之機。武王曰、善哉。
声ありてかんに応ず。その来たることはなはだなり。角声かくせいかんに応ずれば、まさに白虎びゃっこをもってすべし。徴声ちせいかんに応ずれば、まさに玄武げんぶをもってすべし。商声しょうせいかんに応ずれば、まさに朱雀しゅじゃくをもってすべし。羽声うせいかんに応ずれば、まさに勾陳こうちんをもってすべし。五管ごかんこえことごとく応ぜざれば、きゅうなり。まさに青龍せいりゅうをもってすべし。これぎょうしょうたすくるのちょう成敗せいはいなり」。おうわく、「いかな」。
太公曰、微妙之音、皆有外候。武王曰、何以知之。太公曰、敵人驚動、則聽之。聞枹鼓之音者角也。見火光者徴也。聞金鐵矛戟之音者商也。聞人嘯呼之音者羽也。寂寞無聞者宮也。此五者、聲色之符也。
太公たいこうわく、「微妙びみょうの音はみな外候がいこうあり」。おうわく、「何をもってかこれを知らん」。太公たいこうわく、「敵人驚動きょうどうすれば、すなわちこれを聴く。枹鼓ふこの音を聞くはかくなり。火光かこうを見るはなり。金鉄きんてつ矛戟ぼうげきの音を聞くはしょうなり。人の嘯呼しょうこの音を聞くはなり。寂寞せきばくとして聞こゆるなきはきゅうなり。この五音ごおんは、声色せいしょくなり」。
  • 音 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十