>   その他   >   六韜   >   略地第四十

六韜 略地第四十

武王問太公曰、戰勝深入、略其地、有大城不可下。其別軍守險、與我相拒、我欲攻城圍邑、恐其別軍卒至而我、中外相合、撃我表裏、三軍大亂、上下恐駭。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「戦い勝ちて深く入り、その地をりゃくするに、大城のくだすべからざるあり。その別軍、けんを守りて、われとあいふせぎ、われ、城を攻めゆうを囲まんと欲するも、その別軍にわかに至りてわれを撃ち、中外あい合して、わが表裏を撃ち、三軍大いに乱れ、上下恐駭きょうがいせんことをおそる。これをなすこといかん」。
  • 撃 … 『直解』では「薄」に作る。
太公曰、凡攻城圍邑、車騎必遠屯衛、警戒阻其外内、中人絶糧、外不得輸、城人恐怖、其將必降。
太公たいこうわく、「およそ城を攻めゆうを囲むに、車騎しゃき必ず遠く屯衛とんえいし、警戒してその外内をへだて、中人りょうを絶ち、外、いたすことを得ざれば、城人恐怖し、そのしょう必ずくだらん」。
武王曰、中人絶糧、外不得輸、陰爲約誓、相與密謀、夜出窮寇死戰、其車騎鋭士、或衝我内、或撃我外、士卒迷惑、三軍敗亂。爲之奈何。
おうわく、「中人ちゅうじんりょうを絶ち、外、いたすことを得ざるに、ひそかに約誓やくせいをなし、あいともにひそかにはかり、夜、窮寇きゅうこうだして死戦し、その車騎鋭士えいし、あるいはわが内をき、あるいはわが外を撃たば、士卒迷惑し、三軍敗乱はいらんせん。これをなすこといかん」。
太公曰、如此者、當分爲三軍、謹視地形而處、審知敵人別軍所在、及其大城別堡、爲之置遺缺之道、以利其心。謹備勿失。敵人恐懼、不入山林、即歸大邑。走其別軍、車騎遠要其前、勿令遺脱。
太公たいこうわく、「かくのごとき者は、まさに軍を分かちて三軍となし、謹んで地形を視ており、つまびらかに敵人の別軍のある所、およびその大城別堡べっぽうを知り、これがために遺缺いけつの道を置き、もってその心を利し、備えを謹んで失うなかるべし。敵人恐懼きょうくし、山林にらざれば、すなわち大邑たいゆうに帰らん。その別軍を走らしめ、車騎しゃき遠くその前を要し、遺脱いだつせしむるなかれ。
  • 軍 … 『直解』にはこの字なし。
中人以爲先出者、得其徑道。其練卒材士必出、其老弱獨在。車騎深入長驅、敵人之軍、必莫敢至。愼勿與戰。絶其糧道、圍而守之、必久其日。無燔人積聚。無人宮室。冢樹社叢勿伐。降者勿殺。得而勿戮。示之以仁義、施之以厚徳、令其士民曰、罪在一人。如此則天下和服。
中人ちゅうじんおもえらく先ずずる者は、その径道けいどうを得ん、と。その練卒れんそつ材士ざいし必ずで、その老弱ひとりあらん。車騎しゃき深く入りて長駆ちょうくせば、敵人の軍、必ずあえて至るなからん。慎んでともに戦うなかれ。そのりょうどうを絶ち、囲みてこれを守り、必ずその日を久しくせよ。人の積聚せきしゅうくなかれ。人のきゅうしつこぼつなかれ。冢樹ちょうじゅ社叢しゃそうるなかれ。くだる者は殺すなかれ。るともころすなかれ。これに示すに仁義をもってし、これに施すに厚徳こうとくをもってし、その士民にれいして曰え、罪は一人にありと。かくのごとくならばすなわち天下和服わふくせん」。
  • 壞 … 『直解』では「毀」に作る。
武王曰、善哉。
おうわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十