>   その他   >   六韜   >   発啓第十三

六韜 発啓第十三

文王在酆。召太公曰、嗚呼、商王虐極、罪殺不辜。公尚助予憂民如何。
文王ぶんおうほうにあり。太公たいこうしていわく、「嗚呼ああ商王しょうおうぎゃく極まりて、不辜ふこ罪殺ざいさつす。公尚こうしょうわれを助けて民をうれうることいかん」。
太公曰、王其修徳以下賢、惠民以觀天道。天道無殃、不可先倡。人道無災、不可先謀。必見天殃、又見人災、乃可以謀。必見其陽、又見其陰、乃知其心。必見其外、又見其内、乃知其意。必見其、又見其親、乃知其情。
太公たいこういわく、「王それ徳を修めてもって賢にくだり、民を恵みてもって天道をよ。天道わざわいなければ、となうべからず。人道わざわいなければはかるべからず。必ず天殃てんおう、また人災じんさいを見て、すなわちもってはかるべし。必ずそのよう、またそのいんを見て、すなわちその心を知る。必ずその外を、またそのうちを見て、すなわちその意を知る。必ずその、またそのしんを見て、すなわちそのじょうる。
  • 疏 … 底本では「䟽」に作るが、『直解』に従い改めた。
行其道、道可致也。從其門、門可入也。立其禮、禮可成也。爭其強、強可勝也。全勝不闘、大兵無創。與鬼神通。微哉微哉。
その道をけば、道いたすべきなり。その門に従えば、門るべきなり。その礼をつれば、礼すべきなり。そのきょうを争えば、きょう勝つべきなり。全勝は闘わず、大兵たいへいきずつくなし。鬼神きしんつうず。なるかななるかな。
與人同病相救、同情相成、同惡相助、同好相趨、故無甲兵而勝、無衝機而攻、無溝而守。
人と同病どうびょうあい救い、同情どうじょうあい成し、同悪どうおあい助け、同好どうこうあいおもむく。ゆえに甲兵こうへいなくして勝ち、衝機しょうきなくして攻め、溝塹こうざんなくしてまもる。
  • 塹 … 底本では「壍」に作るが、『直解』に従い改めた。
大智不智。大謀不謀。大勇不勇。大利不利。利天下者、天下啓之、害天下者、天下閉之。
大智だいちは智ならず、大謀だいぼうはからず。大勇たいゆうは勇ならず。大利たいりは利せず。天下を利する者は、天下これをひらき、天下をがいする者は、天下これをず。
天下者、非一人之天下、乃天下之天下也。取天下者、若逐野獸。而天下皆有分肉之心。若同舟而濟。濟則皆同其利、敗則皆同其害。然則皆有以啓之、無有閉之也。
天下は一人いちにんの天下にあらず、すなわち天下の天下なり。天下を取る者は野獣をうがごとし。しかして天下みな肉をかつの心あり。舟を同じくしてわたるがごとし。わたればすなわちみなその利を同じくし、やぶるればすなわちみなそのがいを同じくす。しからばすなわちみなもってこれをひらくありて、もってこれをずるあるなきなり。
  • 以 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
無取於民者、取民者也。無取民者、民利之。無取國者、國利之。無取天下者、天下利之。故道在不可見、事在不可聞、勝在不可知。微哉微哉。
たみに取るなき者は、民を取るなき者なり。民を取るなき者は、民これをす。国を取るなき者は、国これをす。天下を取るなき者は、天下これをす。ゆえに道は見るべからざるにあり、ことは聞くべからざるにあり、しょうは知るべからざるにあり。なるかななるかな。
  • 者也 … 底本では「者也無取於國者取國者也無取於天下者取天下者也」に作るが、『直解』に従い改めた。
鷙鳥將撃、卑飛斂翼。猛獸將搏、弭耳俯伏。聖人將動、必有愚色。
鷙鳥しちょうまさに撃たんとすれば、ひくく飛びてつばさおさむ。猛獣まさにたんとすれば、耳をれて俯伏ふふくす。聖人まさに動かんとすれば、必ず愚色ぐしょくあり。
今彼商、衆口相惑、紛紛渺渺、好色無極。此亡國之也。
今、かの有商ゆうしょうは、衆口しゅうこうあい惑わし、紛紛ふんぷん渺渺びょうびょうとして、色を好むこときわまりなし。これ亡国のあかしなり。
  • 有 … 底本では「殷」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 證 … 底本では「徴」に作るが、『直解』に従い改めた。
吾觀其野、草菅勝穀。吾觀其衆、邪曲勝直。吾觀其吏、暴虐殘賊。敗法亂刑、上下不覺。此亡國之時也。大明發而萬物皆照、大義發而萬物皆利、大兵發而萬物皆服。大哉、聖人之徳、獨聞獨見、樂哉。
われ、そのるに、草菅そうかんこくに勝つ。われ、その衆をるに、邪曲じゃきょくちょくに勝つ。われ、そのるに、暴虐ぼうぎゃく残賊ざんぞくなり。法をやぶり刑を乱して、上下しょうかさとらず。これ亡国の時なり。大明たいめい発して万物ばんぶつみな照らされ、大義たいぎ発して万物みなせられ、大兵たいへい発して万物みな服す。大なるかな聖人の徳、ひとり聞きひとり見る、たのしきかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十