>   その他   >   六韜   >   明伝第五

六韜 明伝第五

文王寢疾、召太公望。太子發在側。曰、嗚呼、天將棄予。周之社稷將以屬汝。今予欲師至道之言、以明傳之子孫。太公曰、王何所問。文王曰、先聖之道、其所止、其所起、可得聞乎。
文王ぶんおうやまいね、太公望たいこうぼうす。太子はつかたわらにあり。いわく、「嗚呼ああ、天まさにてんとす。周のしゃしょく、まさにもってなんじしょくせんとす。今、至道しどうの言を師とし、もって明らかにこれを子孫に伝えんと欲す」。太公たいこういわく、「王、なんの問うところぞ」。文王いわく、「先聖せんせいの道、そのとどまるところ、その起こるところ、聞くをべきか」。
太公曰、見善而怠、時至而疑、知非而處、此三者、道之所止也。柔而靜、恭而敬、強而弱、忍而剛。此四者、道之所起也。故義勝欲則昌、欲勝義則亡。敬勝怠則吉、怠勝敬則滅。
太公たいこういわく、「善を見ておこたり、時いたりて疑い、非を知りてる。この三者は、道のとどまるところなり。じゅうにしてせいきょうにしてけい、強にして弱、にんにしてごう。この四者よんしゃは、道の起こるところなり。ゆえに、欲に勝てばすなわちさかえ、欲、義に勝てばすなわちほろぶ。けいたいに勝てばすなわちきちたいけいに勝てばすなわちほろぶ」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十